ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴ線などのたるみ肌に特化した化粧品は?

Pocket

加齢と共に【ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴ線】が出没

30代はまだエイジングケアしなくても大丈夫だと思っている人は要注意!
30代はすでにエイジングが始まっています。



たるみ肌は早い内からケアを始めよう

そのままにしておくと、5年後10年後にはとりかえしのつかない所までエイジングが進んでしまいます!
20代の頃、スキンケアをサボっていた人は既に30代前半でも加齢によるエイジングを感じている筈です。

エイジングケアは早ければ早いほど良いのですが、過度なケアも危険なんです。
30代はお肌の運命の別れ道ともいえます。

ここでしっかりケア出来るか出来ないかで、数年後の顔の印象は大きく変わってしまいます。
既に40代に突入してしまっている人も、今からでは遅いと思わず、一日でも早いエイジングケアをしてください。

上記のイラストは30代からジワジワと現れてくるエイジングサインとも言える肌のたるみにより発生するシワの種類です。
額の三本線や、頬のほうれい線、口元のマリオネットラインや目の下のゴルゴ線など、エイジングを放置しておくとどんどん深刻な深いシワになっていきます。
シワがまだ出来たばかりの場合、まだケアは簡単です。

しかし長年放置してしまうと、顔に刻まれたシワは一生取れなくなります。
だから30代の内からしっかりとエイジングケアする事が大事なんです。
公式サイト→ディアフルラン




何故ほうれい線やゴルゴ線、マリオネットラインは出来るのか?

実はほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴ線にはホルモン分泌量が関係しています。
ホルモンが減ると肌は内側から乾燥し、弾力を失ってしまうのです。

30代前半ではまだ肌の表面の水分が乾燥するだけですが、30代後半から40代になると一気にホルモン量は減少し、それに伴い肌の内部が急激に乾燥していきます!
肌内部からの乾燥はとても危険…その乾燥はそのままほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴ線を作る原因になるからです。

肌内部の水分が減少するとどうなってしまうのでしょうか?
30代前半はまだ肌の表面、いわば肌の一番上にある層の角質層の水分が奪われているだけですが、30代後半から40代では角質層のさらに下の真皮が乾燥している状態に!

真皮には肌の弾力を司る【コラーゲン】【エラスチン】【ヒアルロン酸】があり、コラーゲンは肌弾力を保つ働きがあり、エラスチンはコラーゲンを束ねる事によって肌へコラーゲンの弾力を与え、コラーゲンとエラスチンの隙間をみっちりヒアルロン酸が満たす事で、コラーゲンの働きを良好にし、コラーゲンとエラスチンを支えています。

つまりこの三つのどれか一つでも減少すると、肌の弾力は失われてしまうという事でもあります。

上記のイラストは正常な肌の状態で、角質層がしっかりと保湿されている事により、紫外線などのダメージが肌の奥に届かない様になっています。
角質層にはバリア機能と呼ばれるラメラ構造がありますが、このラメラ構造、乾燥と共にバリア機能を失ってしまいます!

バリア機能が低下すると肌の奥に外的刺激が侵入してしまい、エイジングが加速する原因になってしまうんです。
30代前半では角質層の乾燥は既に始まっています。

30代後半になるとさらに肌の奥からも乾燥が始まります!
そのままにしておくとほうれい線やゴルゴ線、マリオネットラインが出来てしまいます。

シワが出来た肌はこうなっています↓




シワが出来ている個所の基底膜は破壊されており、それにより角質層が真皮へ沈み込んでしまいます。
基底層が破壊されている場所では、その下にあるコラーゲンやエラスチンもバラバラにされており、完全に肌のハリが失われてしまっています。

こうなってしまうと元に戻すのは大変です。
普通の化粧品ではいくらお高いものを使っても治す事は出来ません。

薬事法により化粧品とは肌に必要な成分を補うだけのものであり、効果のないものであるという決まりがあります。
シワを消したい場合、シワに効果があると謡われている医薬部外品か、医者にかかるほかありません。

そうなってしまう前に、30代からの適切なケアが重要になってきます。
30代前半ではまだ角質層の潤い成分が欠如している状態なので、過剰な保湿ケアはそこまで必要ではありませんが、30代後半になると角質層の下にある真皮が乾燥し出してしまいます。

ホルモン分泌が減ると、細胞組織のつくりが変化してしまい、細胞の間に隙間ができ、その隙間から水分がどんどん蒸発していきます。
水分が失われる事によって乾燥小じわが出来、やがてほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴ線も目立つようになります。




ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴ線を緩和させる化粧品は?

アイルミッド皮膚科学ラボ【ディアフルラン】通常価格¥11,000

公式サイト→ディアフルラン

皮膚科学生まれの乾燥小じわ専用美容クリーム!
しかも効能確認がされているクリームなんです!

ディアフルランはたるみ肌に着目して作られたクリーム!

抗シワ効能評価ガイドライン規定は20項目あり、全てをクリアするのはかなり難しいのですが【ディアフルラン】はlこの項目を全てクリアしている乾燥小じわ専用のクリームなんです。




さらに厳選された10成分が高配合されています!
【プロパンジオール】
保湿剤として高い保湿力をもつ成分で、安全性も高くグリセリンと併用するとさらに効果が高くなる成分。

【グリセリルグルコシド】
グリセリルグルコシドには優れた保湿力とリフトアップ効果もあるとされており、日本酒300mlに1gしか含有していない希少な成分でもあります。さらに肌の水分を一定に保ってくれる働きがあり、肌の中の水分を移動する事によって保湿が足りない部分にも水分を運んでくれます。これによりふっくらとしたハリが肌に生まれ、埃からも肌を守ってくれる優れた成分です。




【グリコシルトレハース】
世界最先端と揶揄されるバイオ技術による優れた艶潤いを持った成分で、肌のキメを整えツヤを向上させてくれる美肌に適した成分です。
【ヒアルロン酸na】
高い保湿力をもっており、油分とは異なるしっとりとした質感を引き出す事の出来る成分です。角質層の水分量を高め、肌にしっとり感やなめら感のある保護膜を作ってくれます。




【ユズ果実エキス】
柚子エキスはヒトのもつセラミドと似た構造の分子をしている為、肌に馴染みやすいという特徴があります。保湿力も高く血行促進も促してくれる上、角質剥離作用もあるのでピーリング効果も期待できる成分です。
【アロエベラ葉エキス】
繊維芽細胞に働きかけ、コラーゲンを増やす働きのある成分です。保湿力も高く、バリア機能を高めターンオーバーを正常にする働きもあります。
【ムラサキバレンギクエキス】
ムラサキバレンギクエキスは角質層にあるセラミドを効率よく生み出す働きを高める働きがあります。




【ヒマラヤンラズベリー抽出液】
繊維芽細胞によるコラーゲン、ヒアルロン酸生成機能に着目して配合されたヒマラヤンラズベリー抽出液。抗老化作用があり、繊維芽細胞によるコラーゲン生成の促進作用があります。さらにシワ改善作用もある成分です。
公式サイト→ディアフルラン

たるみケアにはバリア機能がとっても大事?

バリア機能とは上でも少し書きましたが、角質層にある角質細胞の間を埋め尽くしてる、角質細胞間脂質の事であり、角質細胞間脂質の構造をラメラ構造と言います。

ラメラ構造自体が肌のバリア機能を担っており、バリア機能とらラメラ構造のうるおいの事でもあります。
潤いで肌の隙間が満たされているからこそ、外的刺激を肌の奥へ届けない仕組みになっているんです。

ラメラ構造をアップにするとこうなっています。




油が水を挟み込み、肌の中に閉じ込める事で肌は潤いを保つ事が出来ているのですが、油とはセラミドの事なので、セラミドがなくなってしまうと肌から潤いが失われてしまいます。

【ディアフルラン】に含まれている成分の中に『ムラサキバレンギクエキス』がありましたよね?
ムラサキバレンギクエキスは大きく分けて12種類あるセラミドの内『アシルセラミド』を増やす手助けをしてくれる成分でもあります。

実はラメラ構造を安定させるには、この『アシルセラミド』が欠かせないのです。
アシルセラミドと他のセラミドの形を比べてみましょう。

まずセラミドの分子は頭の部分が水で棒の部分が油で出来ていて、マッチ棒の様な形をしている物が多いです。
他にも棒だけの状態のものや、油の部分が丸くなっているものなど、様々です。

その中でもアシルセラミドは他のセラミドと比べ、油の部分がとっても長いのが特徴です。
油の部分が長いという特徴が、ラメラ構造を安定させる事に繋がっています。

では何故、油部分が長いとラメラ構造が安定するのでしょう?

ラメラ構造をイラストで表す時、左側の図で表す事が多いです。しかし実際のセラミド達はもっと複雑な整列の仕方をしています。
様々な形のセラミド達は同じ方向で並んではいますが、形が様々なので入り混じった様に整列しているんです。

その中にアシルセラミドが混じる事で、下の層と上の層を繋げる役割を担います。
上の層と下の層を繋げる働きのあるアシルセラミドのおかげて、ラメラ構造は崩れる事なく安定した層を保つ事が出来ている訳ですね。

アシルセラミドを増やす働きを手助けしてくれる『ムラサキバレンギクエキス』はとっても重要な成分なんですよ!

公式サイト→ディアフルラン



ほうれい線などに効くディアフルランの使い方は?

たるみ肌に特化した化粧品でも使い方を間違えれば何のケアにもなりません。
公式サイトにも塗っている正しいクリームの塗り方を解説★

たるみ肌を解消するには化粧品の使い方も大事!

特に難しい事はありません。
7点置きと言われる方法で顔全体にクリームを塗ります。

step.1
まずパール2個分ほどのクリームを指先に取り、図のように七か所にテン、テン、とクリームを置いていきます。

step.2
図右の様にマッサージしながら顔全体にクリームをのばしていきます。
この時、手の平全体ではなく、指1本か2本程度で伸ばす事をおすすめします。
手の平でやってしまうと肌への負担が大きくなり、肌が引っ張られ伸びてしまう原因になるからです。

step.3
顔の気になる部分、ほうれい線や小じわなどに指の腹でトントンとたたき込むようにします。
目の下のたるみや、おでこの横線など、気になる個所に丁寧に叩き込みましょう。

これで終わりです^^



たるみ肌に良い化粧品ディアフルランの買い方と口コミは?

たるみ肌用の化粧品ディアフルランの購入方法

アイルミッド皮膚科学ラボ【ディアフルラン】通常価格¥11,000

公式サイト→ディアフルラン

全国売上実績NO.1のディアフランは公式サイトから購入出来ます。
多くの美容雑誌でも取り上げられている安心の美容クリームです。

定期コースで申し込むと【送料無料】はもちろんの事【一ヶ月目は30%OFF】【二ヶ月目は35%OFF】【三ヶ月目は40%OFF】になります!




90日間返品返金保証もちゃんと付いていますよ★
詳しくは公式サイトで確認してみてくださいね!

ディアフルランの口コミは?

・様々な化粧品を使ってきましたが、納得するものに長い事で会えませんでした。ディアフルランを使い始めて既に2年が経っていますが、今では絶対に欠かせない化粧品の一つになっています。
・普通のクリームだと思って二カ月使い続けていたら「あら? 小じわが減ってきた?」と感じました。これからも使い続けたいです。
・我が家では魔法のクリームと呼んでいます。まだまだ綺麗でいたいので、これからもずーっと使い続けたいです。
・いつも肌が荒れがちで、新しい化粧品を使う時は不安なのですが【ディアフルラン】は大丈夫でした。気になっていた口元のラインもふっくらしてきた気がします。
・使った瞬間にとても良い成分が入っている事が分かるクリーム。ここまで実感できるクリームは中々ありません。
・急に目元や頬、口元がたるみ、30代にも関わらず50代に間違われる事も…。【ディアフルラン】を使いだしてから気になっていたラインもふっくらしてきました!
・もう美容整形するしかないと諦めかけていた時にネットで【ディアフルラン】を見つけ購入!使ってみると肌にハリが出てきて、シワの間にファンデーションが入る事も無くなりました!
・一年くらいで急に口元のシワが気になりだし、写真を撮ると必ず加工していましたが【ディアフルラン】を使いだしてから鏡を見るのが楽しみになり、写真も加工しなくて済むようになりました。
・エステで10万使ったり、様々な化粧品を試しました。【ディアフルラン】もその内の一つとして使用。正直に言うとあまり期待はしていなかったのですが、口元のショボショボが目立たなくなってきたのが分かります!
・ほうれい線から口元へのシワが目立つようになり、肉親から老けたと言われショックを受けていた時ネットで【ディアフルラン】を見つけました。使ってみるとかなりの肌悩みが解消!10歳戻った感じがします!

口コミを寄せている方々は30代から60代と幅広い年齢層の女性達。
この口コミを見ても【ディアフルラン】がシワにかなり優秀なクリームである事が分かりますね。

しかも普段からしっかりスキンケアをしている女性からも高い評価が上がっています。
普段しっかりスキンケアしている人の場合、良いと言われる化粧品を使ってみてもあまり実感出来ないものなんです。

だって普段からちゃんと肌がケアされていますから。
そういった人達から高い評価が出る化粧品というのは、とっても期待出来る化粧品なんですよ!

ほうれい線やシワ、マリオネットラインやゴルゴ線に悩んでいる人は一度使ってみてもいいクリームだと思います。

公式サイト→ディアフルラン




★ほうれい線記事★
気になるほうれい線にはドクターコスメ!老け顔を回避する優秀コスメを発見!
ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴ線などのたるみ肌に特化した化粧品は?
ほうれい線を消したいなら使うべきスキンケア化粧品!実際に使用したレビューも
気になるほうれい線が緩和!使ったのは?おすすめスキンケアと化粧品も紹介★
ほうれい線は筋肉のたるみ!スキンケアだけでは消えないほうれい線に対策方法はある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です