30代におすすめ保湿クリームをランキング紹介!実際に使用した口コミも

Pocket

30代で迎える季節の変わり目にはしっかり保湿クリームを!

私が今まで使った保湿クリームをランキング形式に紹介していきます!
どれも甲乙付けがたかったのですが、トップ5を順に紹介します★

ここで紹介させて頂く保湿クリームは実際に今も私が日替わりで使っているものです。
30代女子の方の参考になれば幸いです!

そのほかにも何故肌が乾燥するのか、乾燥するとどうなるかなどなど、肌の仕組みも知っている限りを詳しく記載していきます!

ランキングだけ見たいよ!という人はこちらをクリック→ 30代におすすめの保湿クリームランキング!一番下のランキングまでジャンプ出来ます★

保湿しないと肌にはダメージが…!

正常な肌ならば外部からの乾燥や紫外線の刺激を受けにくく、トラブルも起きにくい肌なんです。
上の図は正常な肌の状態です。

細胞の間に隙間がなく、外部からの刺激を肌の奥へ通さない様になっています。
みっちりと隙間が埋まっている事によって、外部から受ける老化の原因となるものを排除出来ています。

肌の一番上はよく耳にする表皮の一部である角質層
大抵の化粧品はこの角質層をケアし保湿する事に重点を置いています。

そもそもこの角質層をしっかり機能させておけば、肌はダメージを受けないという事でもあります。
しかし乾燥した肌は、角質層の隙間を埋めている角質細胞間脂質がスカスカになった状態!

角質間細胞脂質がスカスカになると、肌の隙間から紫外線や乾燥、大気汚染などが肌の奥へ入り込み、致命的なダメージを与えます。

肌には様々な層が存在しています。一番上の角質層は、今説明した肌の保湿の役割と、外部刺激から肌を守るバリア機能があります。
さらにその下、顆粒層にはケラトヒアリン顆粒と呼ばれるものがあり、肌に入ってきた紫外線を跳ね返す役割があります。

有棘層は表皮の中で一番分厚い層になっています。
有棘層から知覚神経があるんですよ。

有棘層の働きは、外部から入ってきた物質が肌にとって異物なのかそうではないのかを判断しているんです。
もし異物立った場合、有棘層にあるランゲルハンス細胞が外へ流しだそうと働きます。
この働きが【アレルギー反応】になるんですね。

スポンサーサイト→【スキンケア化粧品プモア】肌にすーっと入る感覚を1,000円でお試し

さらに下、基底層にはメラノサイトがあります。
メラノサイトとは名前から分かる通り、メラニンを作る細胞の事です。

メラノサイトは別名色素細胞とも呼ばれるんですよ。
メラノサイトは紫外線に当たる事で活性化して、メラニン色素を作り紫外線から真皮層を守ろうとします。

この時作られるメラニンが、肌を黒く見せているんですね。
通常、この黒くなった細胞は28日間のターンオーバーによって外に押し出され消えていきます。

しかし加齢やバリア機能の低下、乾燥によってターンオーバーが正常に働かない場合、この黒くなった細胞はずっと肌の中にとどまる事になり、シミの原因になってしまうんです!

メラノサイトと同じ場所にある基底層には、基底膜という薄い膜があります。
基底膜は肌の上部分の表皮と、下の部分である真皮を繋げる役割を担っています。

さらに基底膜は肌の弾力にも大きく影響を及ぼしています。
正常な基底膜なら、指で肌を押し返してもすぐに押し戻そうとします。

しかしダメージを受けた基底膜だと、この弾力が失われていて、ハリも弾力もない肌になってしまうんです。
さらに基底膜にダメージを受けていると、皮膚の一部が真皮に沈み込み、シワになってしまうんです!

スポンサーサイト→毛穴ケア化粧品のパイオニア!【ドクターケイ】スキンケアシリーズ

基底膜は波打った形で繋がっています。
何故波打っているのかというと、肌は少し引っ張ってもすぐに元に戻りますよね?

そのバネの役割があるので、基底膜はもともと波打った形になっており、引っ張られても大丈夫な作りをしています。
基底膜はかなり大事な皮膚の一部なんです。

基底膜は、角質層にダメージがある場合、外部から刺激を受けてしまい破損します。
基底膜が破損するとかなり危険!

一気に老化が進む原因にもなってしまうんです!
まず基底膜は肌の弾力を司っているので、肌の弾力が失われます。

さらに基底膜と同じ場所にあるメラノサイトはダイレクトに紫外線を受けてしまい、大量のメラニンを作成。
ターンオーバーも正常に行えなくなっているのでシミがいつまでも肌の奥に残り、シミになるだけではなく顔全体をくすんで見せてしまいます。

そして基底膜の下にあるのが真皮です。
真皮には血管、リンパ管、汗腺、毛包細胞があり、さらにコラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸、繊維芽細胞が存在します。

真皮は皮膚の本体とも言うべき大事な部分です。
ここにあるコラーゲンは真皮の約70%を占めています。

そのコラーゲンを支える役割にあるのがエラスチンで、コラーゲンの隙間を埋めているのがヒアルロン酸になります。
このどれか一つが欠けても肌は潤いを失う事になります。

真皮に同じくある繊維芽細胞は、コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸を生み出してくれる大事な幹細胞になります。

幹細胞とは自ら分裂出来る細胞の事で、この幹細胞の分裂は肌の活性化に大きく関わっています。
幹細胞である繊維芽細胞が正常に働いていると、ターンオーバーも正常に働いているという事になります。

ターンオーバーとは新陳代謝でもあります。
つまりターンオーバーも新陳代謝も加齢によって徐々に衰えていくのは同じなんですね。

スポンサーサイト

30代では乾燥を防いでトラブルを軽減しよう!

30代に保湿クリームは必需品!

一番上の皮脂膜が、外気と接している外から見える皮膚の部分ですね。
その下に角質層と呼ばれる約0.02mmの層が存在しています。

実はこのたった0.02mmの層が保湿にはかなり重要な部分になります。
角質層は角質細胞によって埋め尽くされていますが、角質細胞の間をみっちりと隙間なく埋める働きをしているのが、角質細胞間脂質と呼ばれるラメラ構造で作られている部分です。

ラメラ構造って聞いた事ありませんか?
最近注目されている角質層の構造の事で、ここに大事なセラミドもあります。

セラミドの働きとは?

セラミドは角質層の細胞の間にあり、水分や油分を抱え込む働きがあります。
このセラミドが不足すると、肌の潤いが失われ、乾燥した状態になってしまうんです。

セラミドは角質脂肪間脂質のうち、なんと50%も占めています!
もしこのセラミドがなければ、私たちの肌は干からびた大地…砂漠の様になってしまっているんです。

セラミドが無ければ水も油も抱え込む事が出来ず、肌は年中乾燥した状態となります。
つまり乾燥肌の人はこのセラミドが極端に減っている状態の人という事になります。

セラミドは残念ながら加齢や気候の変化によって失われてしまいます。
実は洗顔しただけでもセラミドは顔からはがれおちてしまい、タオルで顔を拭いただけでも取れてしまうほどもろい成分でもあります。

顔にシャワーを当てると、その水圧でも流れ出てしまっています!
その為、顔にシャワーを当てるのはおすすめしませんし、タオルでごしごし拭くのも良くありません。

セラミドは肌の潤いを閉じ込めるだけでなく、肌のバリア機能も司っています。
セラミドが減ると肌に隙間が出来てしまい、外部からの刺激が奥へと入ってしまいます。

多くは紫外線によるダメージです。
上でも説明しましたが、紫外線が角質間細胞脂質を突破してしまうと、そのまま基底膜へダメージを与えてしまいます。

基底膜にダメージがいくと、弾力を保っているバネの機能が失われ、ハリのない肌になってしまいます。
さらにメラニンが大量に作られ、シミが出来て、ターンオーバーも遅くなります。

ターンオーバーは基底層から始まり、徐々に上へ移動していき、やがて古い角質となって肌から自然とはがれおちます。
このターンオーバーがいつまでも新しい細胞を保ち、肌を美しく見せるのにもっとも重要です。

しかし基底層がダメージを受けると、細胞を作り出す事が出来ず、いつまでも古い細胞が肌の上にとどまっている事になってしまうのです。
基底層は真皮から毛細血管を通して酸素や栄養を取り込み、細胞分裂して新たな細胞を作り出しています。

しかし基底層が破壊されると、正常に細胞を分裂させる事が出来なくなり、結果ターンオーバーが遅れてしまうのです。
ちなみに最近聞く様になったヒト幹細胞培養液は、この細胞の分裂を助ける働きがあります。

スポンサーサイト→ヒト幹細胞培養液コスメ【アクティバート】

肌の老化やアトピー性皮膚炎によって起こる肌トラブルは、このセラミドが不足している事が確認されているんです。
アトピー性皮膚炎や乾燥肌の人は、もともと持っているこのセラミドの量がとても少ない事も確認されています。

セラミドがもともと少ないので、外から抗原や化学物質が肌の中に入りやすい状況になってしまっています。
抗原が肌の中に侵入する事によって、アレルギー反応が起きて肌がかゆくなったり、炎症を起こしたりするんです。

つまりこのセラミドを増やす事が出来れば、アトピーや乾燥肌は改善させるという研究結果が出ています。

そしてこのセラミド、年齢によって徐々に減っていきます!
セラミドの量は、50代になる頃には20代の時の半分にまで減少しています。

早い内にセラミド不足を解消する事が、美白へと繋がっていくのです。
だから30代の内にしっかりセラミドを増やし、保湿する事が重要になってきます。

30代の内にしっかり保湿クリームで潤している肌と、保湿をしてこなかった肌は確実に差が生まれます。
30代になったらセラミドは外からも取り入れ、肌を潤すしかないのです。

肌が乾燥しない為には、保湿成分を与えるしかありません。
どれだけ乾燥しにくい肌を作れるかが、美肌への道になるのです。

セラミドが減る!30代がしてはいけない事とは?

上の説明でセラミドがいかに取れやすいかは分かったかと思います。
とにかく保湿する事が一番の目標です。

取れてしまっても補う事が出来ればいいのです。
化粧水と乳液だけしかケアしていない人は、しっかり保湿クリームを使う事をおすすめします。

化粧水と乳液だけでは保湿は十分ではありません。
私も少し前までは化粧水と乳液だけでした。

その所為でほうれい線が出来てしまい、日中の化粧崩れも酷くなってしまい、保湿にも力を入れる様になったのです。
寝る前にしっかり保湿クリームで保湿する事ももちろん大事ですが、朝起きて化粧する前に保湿クリームを塗る事も重要です。

化粧崩れの原因のほとんどは、保湿がしっかり出来ていない事にあります。
つまり化粧をする前にもしっかり保湿クリームを塗り込む事で、化粧崩れも防ぐ事が出来るんです。

保湿がしっかりされていない肌にファンデーションを塗ると、ファンでと肌の間に隙間が出来てしまい、すぐに化粧は崩れてしまいます。
しかししっかり保湿された肌にファンデを塗ると、隙間が出来ずしっかりとファンデが肌に密着するのです。

他にも保湿が出来ていない肌に化粧をすると、肌は水分が足りず焦ります。
焦った肌は必死に油を出そうとします。

それがテカリの原因になります。
さらにテカらない人でも、乾燥により粉を吹いてしまい、化粧がすぐに崩れる原因になります。

保湿クリームは夜にだけ塗っておけが良いというわけではないのです。
夜にしっかり塗ってセラミドを増やしていても、朝洗顔した時にセラミドはまた外へ流れ出てしまっています。

朝もしっかり保湿クリームを塗って化粧崩れを予防しましょう!
セラミドが失われてしまう行為も避けましょう。

シャワーを顔に当てたり、ばしゃばしゃと顔を洗ったり、乱暴にタオルで顔を拭くのも危険です。
顔はぬるま湯で丁寧に洗い、タオルで顔を抑える様に水滴をふき取りましょう。

スポンサーサイト→魔法のブースタークレンジング【スキンフレッシュ】

30代でも美肌を維持するには保湿クリームが大事

ケア出来てるか出来ていないかで差が出る30代

結果からいうと、30代でも40代でも美肌を維持する事は可能なんです。
ただ、正しい方法を知らなければ、美肌を維持する事は出来ません。

私たちの肌は一日中、外的刺激を受けています。
日中の紫外線はもちろんの事、空気の中を浮遊する菌、さらにスマホやパソコンから出ているブルーライト。

紫外線とブルーライトについても少し説明します。

肌にダメージを与える紫外線の正体

紫外線には3種類ある事を知っていますか?
その内の一種類は地球上には届かないのでここでは省略します。

紫外線には紫外線A波と紫外線B波があります。
この内の紫外線A波は一年中同じだけ地上に降り注いでいます。
紫外線Bは夏場に強く感じる肌が黒く焼ける紫外線の事です。

肌の老化を著しく進めるのが、実は紫外線A波なんです。
紫外線A波は肌にダメージを受けいても痛くもかゆくもありません。

紫外線B波は肌が焼けてかゆくなったり痛くなったり、皮がむけたりもします。
しかし紫外線A波にはそれがありません。

ただ静かに、そっと肌にダメージを与えているのです。
紫外線A波が肌に与える主なダメージは、シワやたるみです!

紫外線A波は波長が長いため、肌の真皮にまで到達してしまいます。
真皮に紫外線のダメージを受けてしまうと、真皮にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作り出している繊維目細胞が傷つけられてしまいます。

コラーゲンは知っての通り、肌の弾力はハリに欠かせないものです。
コラーゲンを支えているのがエラスチンで、コラーゲンとエラスチンの間を埋めているのがヒアルロン酸になります。

どれが欠けても肌の弾力は失われてしまうのに、大事な3種の成分を生みだす繊維目細胞が傷つけられては、肌のハリと弾力の源となるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸がどんどん失われてしまうのです!

さらに真皮にはプロテオグリカンという成分も存在しています。
このプロテオグリカンとヒアルロン酸が真皮内の水分を保持しているんです。

プロテオグリカンとヒアルロン酸が紫外線に攻撃される事によって、角質層だけではなく真皮の潤い成分まで失う事になってしまいます。

もちろん紫外線Bも無視できません。
紫外線Bはシミや炎症の原因になってしまいます。

波長の長い紫外線A波を真皮にまで到達させない為には、角質層の角質細胞間脂質が重要になります。
角質細胞間脂質にあるラメラ構造が、外部からの刺激を排除する働きがあるからです。

日焼け止めなどで紫外線対策をする事も重要ですが、まずはこの角質細胞間脂質のバリア機能を高める必要が出てきます。
角質細胞間脂質にあるラメラ構造をしっかり正常な状態にしておく事によって、紫外線の侵入をある程度は緩和する事が出来ます。
バリア機能が低下していると、紫外線A波がもろに真皮に到達してしまい、肌は一気に老化を早めてしまうのです。

そして現代において欠かせないアイテムであるスマホとパソコンのブルーライトは、紫外線と同じ周波を持っています!

しかもブルーライトの怖いところは、紫外線A波に似通っているという事です。
つまり真皮までダメージを与えるという事です。

紫外線A波を防御するには日焼け止めに明記されているSPFが目印になります。
SPF++++がマックスの表記で、日本ではこれ以上高い数値は存在しません。

紫外線B波に対する防御はPAになります。
紫外線についての細かい説明はこちらの記事からどうぞ★
肌老化を80%抑える方法!30代女子がやっておくべきスキンケアはこれ!

保湿を司る肌の働きとは?

肌の保湿を司っているのは、上でも紹介しました角質細胞の間を埋め尽くしている角質細胞間脂質にあるセラミドと、もう一つは角質細胞の中にある【天然保湿因子】と呼ばれるものです。

天然保湿因子とは保湿に関わる成分の集合体で出来ており、これらをまとめて天然保湿因子と呼んでいるんです。

天然保湿因子は水分保持能力のある親水性の因子の事であり別名NMF(Natural Moisturizing Factor)とも呼ばれます。
このNMFは角質細胞の中の潤いに携わっていて、細胞が潤いを保っていられるように働いています。
スポンサーサイト

30代の肌を正しく保湿する方法!

保湿クリームの正しいぬり方を覚えよう

保湿クリームはただ塗れば良いというわけではありません。
手の平に伸ばして乱暴に塗りたくるのは良くありません。

肌はとても繊細なので、皮膚が強く引っ張られると肌の中の構造が壊れてしまいます。
構造が壊れると肌は老化の原因を招く事になります。

保湿クリームに限らず、化粧水や乳液も優しく肌にぬる必要があります。
丁寧にクレンジングと洗顔で顔を洗い、しっかりと水分を取った後、まずは化粧水を手の平に広げ、顔全体に優しく馴染ませる様に付けていきます。

この時、顔をパチパチ叩くのも良くありませんし、ぐいぐい肌を引っ張りながら付けるのも駄目です。
肌にダメージを与える三大要素は【紫外線】【乾燥】【摩擦】です。

ぐいぐいと肌に塗り込んでしまうと、肌に摩擦が生まれてしまうので気をつけましょう。
ひた、ひた、と優しくゆっくりしみ込ませるのが大事です。

同じ方法で乳液を塗り込みますが、化粧水がしっかり肌に馴染んでから乳液をつけましょう。
まだ化粧水が浸透していないのに乳液を塗ってしまうと、成分が混ざってしまい、互いの良い成分を邪魔し合ってしまいます。

乳液もしっかりと肌に馴染ませ、しみ込んだのを確認してから保湿クリームを塗りましょう。
保湿クリームも顔全体にうすく馴染ませ、さらにピンポイントで塗るのがおすすめです。


額、鼻の頭、目の下、顎にポンポンと保湿クリームを乗せ、指の腹部分でゆっくり伸ばしていきます。
この時、指すべてを使うのではなく、人差し指だけ、あるいは人差し指と中指の二本だけを使う様にしましょう。

肌の皮膚は薄いので、指一二本の圧力が丁度いいのです。
全部の指で引っ張ってしまうと、皮膚を引っ張り過ぎてしまいます。

図の様に基本的には下から上へ塗っていきます。
目元は内側から外側へ流すように塗りましょう。

気を付けてほしいのは目元です。
瞼の皮膚は、顔全体の皮膚よりさらに薄く、指による圧力の影響を非常に受けやすいです。

そのため、目の周りにクリームを塗る場合は指一本で優しく塗る事をおすすめします。
目の周りの皮膚はたるみやすいので、注意してクリームを塗りましょう。

冬以外でも保湿は必要?30代がやるべき事は?

夏でも冬でも30代の肌は乾燥している!

夏場に保湿クリームを塗るのは中々ストレスでもあります。
ついサボってしまいたくなりますが、夏場も肌は乾燥しているんです!

セラミドは汗と共に外へ流れ出てしまいますし、汗を拭くだけでも取れていきます。
さらに冷房の利いた室内でも肌はどんどん乾燥していきます!

肌が一番潤うのは梅雨の時期ですが、だからといって保湿を疎かにしてはいけません。
湿気で肌が潤っていると思っても、それは肌のほんの表面が潤っているだけの話で、肌の中は到底潤っていません。

夏でも冬でも一年を通して保湿クリームは使う様にしましょう。
顔を洗うだけでもセラミドは取れてしまうので、湿気の多い季節だから保湿は必要ないと思うのは大きな間違いです。

失った分のセラミドをしっかり補填しなければ、肌はどんどんダメージを受け老化を促進させてしまいます。
老化を遅めるには保湿をしっかりする事です。

20代の時なら、そこまで気にする必要はありませんでした。
しかし30代の肌は外部の刺激を受けやすくなっていますし、セラミドも天然保湿因子もどんどん減っています。

20代と同じスキンケアしかしていない人は要注意です!
とにかく保湿だけはしっかりしておきましょう。

30代に保湿クリームが大事な理由とは?

保湿クリームに含まれている有効な成分は?

保湿クリームに含まれている成分は主に水と油です。
化粧水は水を主体に作っているので、この油が足りません。

乳液にも油は含まれていますが、化粧水と乳液だけでは保湿を補う事は出来ていません。
お高い乳液ならもしかしたら乳液だけでも事足りるのかもしれませんが、私は化粧水+乳液+保湿用クリームの三段階で使う事をおすすめします。

保湿専用のクリームなら、保湿に特化した成分が厳選して配合されています。
角質層にあるラメラ構造と似た構造をしている保湿クリームや、天然ヒト型セラミドを使った保湿クリームはとても効果的です。

いくら高い保湿効果のある成分が配合されていても、肌に馴染まなければすぐに取れてしまいますし、ちゃんと浸透しません。
ヒト型とついているモノは、肌と同じ構造をとっていたり、肌に近い分子の形をしていたりします。

さらに天然とついているものを選ぶ事をおすすめします!
例として天然ヒト型セラミドを上げてみましょう。


ラメラ構造を詳しく描くとこういう構造になっています。
角質細胞の間にあるラメラ構造は、棒の形をした油分であるセラミドの間に水が挟み込まれています。

この棒と同じ形をしているのが天然ヒト型セラミドで、天然のものは人工のセラミドの3.5倍の保水力があります。
人工のセラミドもヒトのセラミドに近付けて作ってはいるのですが、形がいびつなので肌に馴染みにくいのです。

右横にしろ彩の構造と同じと書いていますね、何の事かと言うと、これの事です。

白漢が展開している【しろ彩セラミドリッチクリーム】は天然ヒト型セラミドを採用しています。
しろ彩についての記事もまとめてあるので見てみて下さい★
30代の肌をピンとハリのある肌に戻すスキンケア!保湿クリームの口コミ

他にもヒト幹細胞培養液を使っているスキンケア化粧品もアンチエイジングに効果的ですが、保湿力の点では少し物足りないかもしれません。
ヒト幹細胞培養液は、往来の【補う】スキンケアと違い、【再生と防御】に重点を置いています。

その中でもおすすめなのがアクティバート【for デイリーシリーズ】です。
こちらも詳しい記事があるので気になった方は見てみて下さいね★
30代から使いたい!芸能人も愛用しているヒト幹細胞の化粧品が凄い!

ヒト幹細胞培養液については下でも詳しく説明します!!

保湿クリームの正しい選び方!

保湿クリームの正しい選び方としては、自分の肌に合っているものを選ぶのが一番良いです。
天然の植物性由来の成分が配合されている保湿クリームや、プラセンタなどを配合している動物性由来のもの、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンを補う保湿クリームなどなど、一通り使ってみるのが一番良いのですが。

全てのスキンケア化粧品を試す事は難しいものです。
脂肌の人はさっぱり系の植物性由来の保湿クリーム、乾燥肌の人は動物性のオイル系が良いなど大まかな判断は出来ますが、何が本当に肌に合っているのかは分かりません。

ただ、保湿クリームを選ぶ時に最低限気を付けてほしいのは、無香料・無着色・アルコールフリーであるかどうかです。
これは保湿クリームに限らず、化粧水や乳液にも言える事です。

中でもアルコールフリーは個人的に一番重要かなと思います。
アルコールが入っていると肌に刺激を感じる場合があります。

安いスキンケア化粧品を使っている人は要注意です、アルコールが配合されている場合があります。
アルコールが入っていて肌に良い事は一つもありません。

アルコールが入ってなくても肌がぴりぴりしたりする場合は、荷電処理がされているか、ビタミン系が配合されているかです。
普段ビタミン系が配合されているスキンケア化粧品を使っていない人は、たまに使うと結構肌がピリピリします。

ピリピリするから肌に悪いかというとそうでもなくて、ビタミンには抗炎症効果があるので、大人ニキビなどに効果的です。
ニキビが気になる場合には、ビタミンが配合されている保湿クリームをおすすめします。

ただコラーゲンが配合されているものは、注意が必要です。
コラーゲンは肌のハリと弾力に効果的ですが、肌からコラーゲンを摂取する事は出来ません!

まずコラーゲンの分子は肌の角質細胞の間を通り抜ける事が出来ません。
コラーゲンの分子を細かくしたとしても、肌は自ら作り出した成分しか受け取れないので、外からコラーゲンを摂取したとしても、そのままコラーゲン本来の役割を果たす事はあり得ないのです。

これはヒアルロン酸にも同じ事が言えます。
肌は自ら作り出した成分しか受け取りません。

ただし、コラーゲンやヒアルロン酸をただの保湿成分として見るならば話は変わってきます。
コラーゲンとヒアルロン酸には高い保水力があります。

しかし肌の成分として働く事はあり得ません。

スポンサーサイト

30代におすすめの保湿クリームランキング!

それでは!私が実際に使った商品の口コミとリアルなランキングを発表していきます!

おすすめ保湿クリーム第5位【メルヴィータ アルガン ピュア オイルクリーム】

第5位【メルヴィータ アルガン コンセントレイト ピュア オイルクリーム】\7,500(税抜き)

メルヴィータ 公式サイト

名前にアルガンと入っているので予想出来るとは思いますが、メルヴィータはアルガンを研究し続ける事30年!
そのメルヴィータ渾身の保湿クリームがこちらのピュアオイルです。

アルガンとはモロッコに生息しているアルガンツリーの事で、このアルガンツリーは別名【神の恵みの木】と呼ばれています。
何故神の恵みの木なのかというと、脅威の生命力と貯水力が備わっているからなんです。

このアルガンツリーのオイルを使った基礎化粧品は結構多く存在しています。
アルガンオイルを使うなら、アルガンを研究し続けているメルヴィータのものがおすすめです!

20代の頃よりも乾燥してしまった30代の肌をしっかり保湿してくれます!
しかもこの保湿クリーム、Wアルガンが配合されています!

メルヴィータのアルガン コンセントレイト ピュア オイルクリームは20代の頃には誰しもがもっていた筈の肌のふっくらとした立体感を取り戻し、自然で若々しい顔印象へ導くというコンセプトの元作られた保湿クリームです。

それを実現するために、メルヴィータはWアルガンという手段に出た訳ですね。
このW何かというと【アルガンオイル】と【アルガンの果実】の事で、この二つが配合されている事でWアルガンと銘打っているんです。

まずはアルガンオイルの豊富な美容成分で肌を保護し、うるおいをぎゅっと抱え込んでキメの整ったふっくらとした肌へ導きます。
さらにアルガンの果実によって肌をキュっと引き締め、ふっくらしながらも引き締まった、メリハリのある立体感のある素肌へ導くという二段構え!

メルヴィータ 公式サイト

実際にコンセントレイトピュアオイルクリームを使ってみました!

手に取った感じは結構重いテクスチャーなのかなと思ったのですが、顔に塗ってみると結構軽めで伸びも良かったです。
香りはほとんど気にならないのですが、なんとなく豆腐っぽい香りがした気がします。

いつものオイル、化粧水、乳液の後にこちらを塗ったのですが、なんというか…密閉間が凄い!!
成分をぎゅっと肌の中に閉じ込めてくれてる感が分かるんです!

アルガンの他にも【ビーワックス】【ホホバエステル】も配合されており、この二つがアルガンの成分をしっかり肌に閉じ込める『長時間密閉バーム』としての働きをしている様です。

さらに『ハリ膜シールド』と呼ばれる【オーツ麦のエキス】がぴんと引き締まったハリ肌へ導いてくれている様です。
この『長時間密閉バーム』と『ハリ膜シールド』がWアルガンパワーをサポートしているんですね。

さらに驚いたのが翌日の化粧!
Wアルガンのオイルクリームを使った翌日は、なんと化粧崩れを起こさなかったんです!

私は乾燥によるテカりの所為で化粧崩れを起こすタイプなので、しっかり保湿されたお陰で化粧崩れを帽子出来た訳です。
それだけでもずっと使い続けたい保湿クリームなのですが!!

お値段が結構高い!!
これだけの成分が配合されているので仕方ないのですが、お値段がお高いので第5位という結果になりました。

私はこのオイルクリームと合わせてメルヴィータのビオオイルアルガンオイルをブースターオイルとして使用しました!

ビオオイル アルガンオイル50lm ¥3780(税込)

こちらもアルガンオイルで作られたオイルで、化粧水の前に使う事でブースターオイルとして使用する事が出来ます。

お値段もお手頃なのでおすすめのアイテムですよ♪

メルヴィータ アルガン コンセントレイト ピュア オイルクリーム の口コミ

・使ってから数日で肌の変化を実感!肌が引き締まって立体的になった気がします!

・コックリとしたクリームだけどもっちりツヤツヤで使いやすかったです。

・このクリームにしてから肌が生き生きとしてしている気がして化粧も楽しくなりました!

 

メルヴィータ 公式サイト

おすすめ保湿クリーム第4位【アトピスマイルクリーム】

第4位【アトピスマイル クリーム】¥25g ¥2500(税抜)

公式サイト ライスパワーNo.11配合
アトピスマイル クリーム

 

アトピスマイルは乾燥や繰り返す肌荒れ、アトピーの人向けの保湿クリームなんです。
乾燥肌に着目して作られているので、保湿力がかなり高いクリームでもあります。

 

 

アトピスマイルは勇心酒造が独自に開発した【ライスパワー】というエキスが多く配合されています。
このライスパワー、基礎化粧品に詳しい人は聞いた事があるかもしれません。

ライスパワーとは全11種のエキスの事であり、中でも繰り返す肌トラブルに対する予防効果が確認されたNO.11は業界でもかなり注目されているエキスです。

アトピスマイルに含まれているエキスもライスパワーNO.11!!
普通の基礎化粧品には予防効果はありません。

予防効果が確認されているので、化粧品ではなく医薬部外品に分類されます。
その為、普通の基礎化粧品よりも保湿効果が高いんです!

基礎化粧品では完全に保湿する事が出来ないと感じている人にはおすすめのクリームです。
さらにアトピスマイルの凄い所は、角質層を突き抜け、基底層にまで入っていくという事!

 

 

普通の基礎化粧品は角質層までしか入っていきません。
何故かというと、そもそも角質層より下の層まで浸透させる技術がないからなんです。

そのため、勇心酒造もこのクリームを作り出す為にかなりの労力と莫大な負積を抱える事になりました。
アトピスマイルを作り上げるまでに累計負積はなんと21億円にまで膨らんでしまったのです。

しかし勇心酒造はお米に秘められた力を信じ、開発を諦める事はありませんでした。
そしてとうとう出来あがったのが、基底層にまで届き、さらに繰り返す肌トラブルに対する予防効果が確認される事になる保湿クリームとなったのです!

基底層にまで届くという事は、外部刺激によって破損した基底膜にも働きかけてくれるという事です。
普段から紫外線を浴びる事が多い人にも打ってつけの保湿クリームです。

基底層にまで働きかけてくれるので、根本的にターンオーバーを見直せるという事でもあります。
図で表すとこうなります。

公式サイト ライスパワーNo.11配合
アトピスマイル クリーム

基底層には基底膜とメラノサイトがあります。
さらに基底層には表皮幹細胞があります。

表皮幹細胞は表皮細胞を生みだすだけでなく、新陳代謝の源になる細胞です。
新陳代謝が上がるとターンオーバーも上がるという説明は上でもしましたので省きます。

この表皮幹細胞に働き掛ける事の出来るライスパワーが配合されたアトピスマイルで、お肌の保湿を根底から見直す事が出来るというわけです。

基底層で作られる細胞が徐々に上に移動し、最終的に外へはがれおちる事をターンオーバーと言います。
そもそも基底層で細胞が作られなければ、ターンオーバーは起きないという事になります。

ターンオーバーが起きないとどうなるかについても上で説明しましね。
古い細胞がいつまでも肌に残る事によって、使い古された細胞がずっと顔に残ります。

その所為で肌の透明感は失われ、くすみのある肌になってしまうのです。
アトピスマイルは基底層に働き掛ける事によってターンオーバーを促進してくれるというわけですね。

アトピスマイルも実際に使ったので口コミをまとめました。

公式サイト ライスパワーNo.11配合
アトピスマイル クリーム
こちらはサンプルです。
1包でもかなりの量が入っていました。

この保湿クリーム、全然匂いがしないんです!
もちろん無香料・無着色・アルコールフリーです。

お子様でも使う事が出来るので、小さなお子様のアトピーにも使われています。
刺激がないので赤ちゃんでも使う事が出来るんですよ。

手に出した感じのテクスチャーはかなり軽め。
肌に塗っても同じで、軽くてすいすいお肌に広がっていきます。

ぬってみると肌が吸い込んでいく感じがよく分かります。
肌が吸いつくというよりは、クリームが肌に吸いついていく感じ!

 

 

ぬった後は手触りで分かるほど肌がプルンプルンに!!
保湿が高いのも良く実感できました!

翌日のメイク崩れも防ぐ事が出来ます。
肌もなんとなく柔らかくなった気がしました。

もちろん刺激もかゆみも感じません。
アトピスマイルは30代から50代の人に多く使われているんです。

それだけ幅広い層の肌に効果を発揮出来るという事かもしれませんね!
アトピスマイルは基底層にまで届くので、肌に大事なセラミドも増やす事が出来てしまいます。

基底層で生まれた細胞が表皮に上がっていく過程で、セラミドは作られ表皮の細胞間に出されます。
セラミドは角質層の細胞間で潤いを閉じ込める大事な役割をしているので、このセラミドが作られなければ角質層の潤いは失われ、肌はかさかさになってしまうんですね。通常なら基底層は常に細胞を作り続け、セラミドも出されていくのですがターンオーバーが遅くなると細胞は中々作られないしセラミドも減少します。

20代の時は28日でターンオーバーが繰り返されますが、30代になると約40日もかかってしまうんです。

だから30代の保湿クリームにアトピスマイルはとっても有効です★

アトピスマイルの口コミ

・あせもになって辛い時期でもアトピスマイルを塗った翌日は肌が元気でしっとりしてます!

・ライスパワーNO11かなり良い!リエイジングエッセンスを一緒に使ったら肌が柔らかくなりもっちりしてキメが整った気がする!

・使い始めて三ヶ月で肌の赤みが消え、皮の剥けやガサガサ感が緩和し元気な肌に戻りつつある。

 

公式サイト ライスパワーNo.11配合
アトピスマイル クリーム

おすすめ保湿クリーム第3位【アクティバート SC ディアル ミルク】

第3位 【アクティバート 03 SCディアル ミルク】\16,800(税抜)

公式サイト→アクティバート for デイリー SCデュアルミルク
03なので右から2番目のものが保湿クリームになります。
アクティバートのforデイリーシリーズには、全てヒト幹細胞培養液が配合されているんです!

ヒト幹細胞培養液とは、人の皮下脂肪から取り出した細胞の事で、強制的に肌を活性化させる事が可能です!

今までのスキンケアとはまるで違う最先端のエイジングスキンケアが、ヒト幹細胞培養液を使って作られる化粧品です。

上の図は化粧品の進化を表したもので、初めは天然成分によって肌を補う事から始まっています。
天然成分とは植物由来のエキスやオイルの事ですね。

しかし植物性は肌に優しいですが、肌の構造とは全く違う成分の為、肌に中々馴染まないという欠点がありました。
その欠点を補う為に生れたのが、次の進化である化学的に補うという事。

化学的に補うというのは、合成成分の事であり、動物性由来のオイルやエキスを化学的に取り出せるようになったという事でもあります。

化学成分せ植物に足りなかった成分を作り出し、尚且つ人の細胞の作りに近い動物由来の成分を使う事によって、化粧品の効果を高めようという試みです。

公式サイト→アクティバート for デイリー SCデュアルミルク

しかしここまでの進化では、どうしても肌そのものを再生する事は出来ませんでした。
今までの化粧品は全て補うためだけのモノに過ぎなかったのです。

しかし次の進化でようやく補う事から再生する事へステップアップする事が出来たんです!
それがこのヒト幹細胞培養液!!

ヒト幹細胞培養液は、人から出来ているので人肌にしっかり馴染みます!
それだけではなく、幹細胞を増やす働きもあるのです!

幹細胞は自ら分裂する事によって肌を増やす細胞の事です。
しかし年齢とともにこの幹細胞は減少してしまうんですね。

幹細胞が減少する事によって、ターンオーバーは遅れ老化が進んでしまいます。
しかしヒト幹細胞培養液を使う事によって、幹細胞を増やし細胞を増やし、ターンオーバーを20台の頃の正常な働きに戻す事が出来るんです。

表皮にある表皮幹細胞は肌のターンオーバーである新陳代謝を担う役割があり、真皮にある線維芽細胞にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出す力があります。

この線維芽細胞を作り出しているのが真皮幹細胞となります。
線維芽細胞が活発に働いていると、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸による新陳代謝がしっかりと行われる事によって美肌を作り出してくれるのです。

公式サイト→アクティバート for デイリー SCデュアルミルク

もっと細かく説明します。

まず細胞を活性化させるにはEGF(イージーエフ)と呼ばれる成長因子(グロースファクター)が必要です。
このEGFが細胞の表面の受容体にくっつく事で細胞は活性化します。

しかしEGFもまた年齢とともに減少してしまうのです!
20代から30代、40代になっていく間に全体の約40%が失われます。

EGFが少なくなるという事は、細胞が活性化しづらくなり、ターンオーバーもしにくくなります。
ちなみにターンオーバーとは新陳代謝の事でもあります。

そしてヒト幹細胞培養液の正体はこうです↓

図のリガンド(鍵)が成長因子であるEGFにあたります。
細胞のクレーターの様にくぼんだ部分のレセプター(鍵穴)にヒト幹細胞培養液が減ってしまったEGFの代わりにくっつき、細胞を活性化させるのです。

ヒト幹細胞培養液の中には大量にサイトカイン(成長因子)というたんぱく質が含まれており、このサイトカインこそがリガンドになるのです!

公式サイト→アクティバート for デイリー SCデュアルミルク

活性化した細胞は分裂をするので、分裂した細胞が上にあがっていく事でターンオーバーを促進する事に繋がります。

ちなみにヒト幹細胞には3種類存在していて、人の細胞を使って作られるものと、植物のエキスを抽出して作られるものと、動物のプラセンタから抽出されるものがあります。

しかし人の持つリガンドにしっかりハマるものは、人から抽出したヒト幹細胞だけなんです。
で、ヒト幹細胞培養液が配合れているアクティバートのforデイリー03を実際に使いました。

アクティバートはもちろんヒト幹細胞培養液を使用したスキンケア化粧品です♪

アクティバート SCデュアル ミルクを手に出したところです。
もちろんこちらも無香料・無着色・アルコールフリーです♪

実はこのミルクには美容成分も含まれています!
なのでこのミルクだけで保湿クリームも美容液も済んでしまうんです。

テクスチャーはとっても滑らか!
肌にぬった感じは、肌が飲み込んでいく感じが凄い!

肌が成分を食べている様な感覚が分かるほどの浸透力!!
美容成分も入っているのでぬった後は肌がツルリとしました。

ヒト幹細胞だけでなく、さらにアクティバートの化粧品には全てビタミンC誘導体が配合されています。
ビタミンC誘導体は美白にかなり有効な成分とされています。

公式サイト→アクティバート for デイリー SCデュアルミルク

ヒト幹細胞培養液が肌細胞の再生の役割なら、ビタミンC誘導体は肌を健康な状態へ導く役割といえます。
さらにアクティバートの化粧品にはアンチエイジングペプチドも配合されています!

アンチエイジングペプチドは、ハリ・ツヤのある肌に導いてくれるんです。
この3つのアクティブ成分が、女性の肌を美しく健やかな状態へ導いてくれます!

ただ、やはりというべきか…ヒト幹細胞培養液を使ったスキンケア化粧品はお高い!!
あと03は保湿クリームではあるんですが私はもう少し保湿感が欲しい感じがしました。

とはいえかなり保湿力の高いスキンケアである事は間違いありません。
これ以上を望むには、他のクリームと合わせるしかありません。

人によっては03だけで保湿はばっちりという人もいます。
乾燥肌の人はもうひと手間加える事をおすすめします。

という事でアクティバートは惜しくも3位という結果に。
今回は保湿クリームの観点からのランキングなのでこの結果になりましたが、化粧水部門ではアクティバートの01が私の中では第1位ですね★

アクティバート for デイリー 01 SCブースターローション

アクティバート 03 SCディアル ミルクの口コミ

 

・目が悪く眉間に寄ったシワが気になっていたがアクティバートを使ったら気にならなくなった!

・シワや乾燥が軽減し、毛穴の少ない頬あたりはツルツルに!目元のシワも軽減しました。

・使った翌日はキメが整い化粧乗りが良くなりました!顎のニキビも落ち着いてきました!

 

公式サイト→アクティバート for デイリー SCデュアルミルク

おすすめ保湿クリーム第2位【A’kin デイクリーム ナイトクリーム】

第2位 【A’kin リプレニッシング ナイトクリーム】¥4800(税抜)

A’kinのナイトクリームには話題になったココナッツウォーターが配合されています!
ココナッツウォーターは人の持つ角質層のラメラ構造と似た構造をしているんです!

公式サイト→ボタニカル&ビーガンコスメ【A’kin】

そのため肌に馴染みやいのが特徴です。
他にもグリーンティ(緑茶)が配合されていて、外部からの刺激から肌を守る働きがあります。

さらにビタミンEも配合されているんです!
ビタミンEにはエイジングを進める肌の酸化も抑える働きがあるんです。

血行も促進してくれるので肌の血色を良くしてくれるので、肌のくすみやクマに良いです。
植物オイルが多く配合されているので、保湿力はばっちりです★

ラメラ構造については上でも説明しましたね。

ラメラ構造とは角質間細胞脂質の事であり、この間細胞脂質の構造をラメラ構造と呼びます。

このラメラ構造と同じ構造にする事で、潤い成分を肌にしっかり与えるという事ですね。
セラミドもラメラ構造の中にあるので、ラメラ構造をしっかり保湿する事がセラミドを守りる事にも繋がります。

ラメラ構造が崩れるとエイジングも進んでしまうという恐ろしい事実!
敏感肌の人はこのラメラ構造が壊れやすくて、肌の奥に外部の刺激が入りやすいので肌トラブルが起きやすいんです。

公式サイト→ボタニカル&ビーガンコスメ【A’kin】

つまりしっかりとした保湿成分で保湿すれば、敏感肌も治せるという事です。
敏感肌の人にはこちらの記事がおすすめです★
30代の敏感肌でもエイジングケア出来る!L&Wを使ってみた感想まとめ

A’kinは実はボタニカル&ビーガンのコスメを中心に扱っています!
なので植物由来に強い化粧品なんですね。

上で植物由来は人に合わないみたいな事書いておいて何なんですが、植物成分には植物にしかない良さがあります。
主に植物由来の化粧品は、傷を癒す力があるとされています。

植物には人と同じく傷を再生する能力があるんですね。
ただ人の肌も再生してくれるかというと、そうでもありません。

上で説明したとおり、植物にはリガンドがないのでヒト幹細胞の様に細胞を活性化する事は出来ません。
ただ保湿の面だけでいえば、かなり高い能力を発揮してくれます。

こちらも実際に使用してみました!

こちらは試供品を頂いたのでそっちから使ってます。
手に出した感じは結構重めのテクスチャーなのかなと思ったのですが、肌にぬるとぴたっと肌に密着する感じで、思ったほど重くはありませんでした。

そしてこの保湿力は凄い!!
ぴたっと肌に密着し、もう何も塗り込めない感じがしました!

こちらのクリームは一番最後に使う事で効力を発揮する感じですね。
たぶんこれをぬった後は何も入らないと思います。

それくらい肌に密着し、フタとしての効果も抜群でした!
実はこのクリームを塗った翌日のメイク崩れも検証してみました。

下記の写真は翌日にメイクをして約10時間ほど経過した写真です。

一番崩れやすい小鼻が崩れなかったんです!!
私はかなり感動しました!小鼻って絶対崩れるじゃないですか?私だけなのかな??

とにかく私は小鼻が崩れやすかったので、A’kinのナイトクリームを使って崩れなかったのでとても感動したんです!
本当はこっちが1位でも良かったんですけど、第1位はもっとすごいです。

公式サイト→ボタニカル&ビーガンコスメ【A’kin】

おすすめ保湿クリーム第1位【トリニティーライン ジェルクリーム プレミアム】

第1位 【トリニティーライン ドクタープログラム ジェルクリーム プレミアム】50g ¥3800(税抜)

トリニティーライン公式サイト

まずトリニティーラインは大正製薬のドクタープログラムが作っています。
実は製薬会社は化粧品会社にない技術を持っているんです。

人の体の専門家ともいえる製薬会社は、化粧品会社では及ばない研究所を持っています。
そこで得られる情報は化粧品会社の比ではありません。

製薬会社が作った化粧品って、大体みんな優秀なんですよ。
ここでは紹介しませんでしたが【オバジ】もロート製薬が作っています。

オバジのダーマパワーX ステムリフト クリームはなんと形状記憶成分が配合されています。
形状記憶とは、つまりクリームを顔にぬって顔全体をマッサージしながら上に上げて数秒間キープすると、肌が上に上がったままの状態でキープされるという事です。

ダーマは保湿クリームというよりは美容ナイトクリームなのでここでは紹介しませんでした。
そして大正製薬のトリニティーラインもまた製薬会社ならではの技術が搭載されています!!

このクリーム、オールインワンなんですよ。
私はあまりオールインワンを信用していなかったんですが、このジェルクリームだけは信用に値します。

トリニティーラインはセラミドを高配合する事によって保湿力をアップしています。
往来品の約55倍のセラミドを配合!!

さらに凄いのは、水を一滴も使用していないところ!
だからほとんどが美容成分で出来ているんです。

画像で説明します。

まずこちらは一般的なオールインワンジェルクリームの作り方です。
ほとんどの化粧品会社はこの手法でジェルクリームを作ります。
しかし、本来ジェルクリームはこういう作り方は出来ないというのが大正製薬ドクタープログラムの考え方。

トリニティーライン公式サイト

ジェルクリームを作るにはジェル基剤とセラミドパーツ、その他の美容成分を別々に作ってからじゃないとジェルクリームは作れないという事らしいです。

つまり他の化粧品会社が作っているジェルクリームは、厳密にいうとジェルクリームとは呼べないモノらしいです。

そして真ん中にあるセラミド“パーツ”。
セラミドのパーツって何?って思いますよね?

実はこのセラミドパーツこそがドクタープログラムが作り上げた凄い技術なんです!
まずセラミドは肌が本来持っている、バリア機能や保湿を司る大事な成分である事は上でも説明しました。

でもこのセラミド…実は顔を洗うだけでも外へ流れ出て行ってしまいます。
という事も先ほど上でも説明しましたよね?

そしてセラミドがいくら配合されている保湿クリームでも、肌の中にあるセラミドにまで届かなければ意味がありません。

しかしトリニティーラインのセラミドは違います!

トリニティーラインはナノカプセルという美容成分を詰め込んだカプセルを独自開発!
このものすごく小さなカプセルが、角質細胞の間をすり抜け、しっかりと角質細胞間脂質、つまりラメラ構造に入っていき、留まる様になっているのです。

このカプセルがちゃんと角質脂肪間脂質に届き、そこで初めて美容成分が肌の中に広がり保湿してくれます。

つまり途中でつっかかったり、角質細胞に阻まれたりする事なく、目的の位置に到着してから初めて美容成分が肌の中で広がるという事です!

普通の保湿クリームは角質細胞の間を通り抜けられない事がほとんどです。
お値段の張るものなら入っていくかもしれませんが、まあそれなりのお値段はしてしまいます。

しかし私がこのトリニティーラインを1位にした理由は値段にもあります!!
なんと50gなら一つ¥3800(税抜)!!

トリニティーライン公式サイト

これはかなり安いですよ!これだけの技術を搭載し、尚且つセラミドを高配合しているにも関わらず何故この値段で出せるのか不思議なんですけど!!

2位のA’kinはそもそもラメラ構造と同じ構造の成分だから肌に馴染みやすいですが、成分は植物由来です。
しかしトリニティーラインは成分がセラミド!!ガチで保湿成分そのものが配合されています!

もちろんA’kinの保湿力は素晴らしかったです。
だがしかし!セラミドそのものには適わないのです。

と私は個人的に思っています。
あくまで個人の感想なので人によってはA’kinの方が良いと言う人もいるでしょうし、上で紹介しているヒト幹細胞培養液を使った保湿クリームが良いという人もいるでしょう。

正直、今回紹介させて頂きました保湿クリームは全て使い続けたいんです私は。
一つ一つに良いところがありますからね。

ただランキング形式にするとこうです!
さらにトリニティーラインはモンドセレクションでも最高金賞を9年連続で取得しています。

トリニティーライン公式サイト

それだけでもこのジェルクリームの凄さは分かります。
たぶんお値段も手に取りやすいという所も評価されているのではないでしょうか。

トリニティーラインを1位にした理由はもう一つあります。
こちらも実際に使って使用感を試しました。

もちろん無香料・無着色・アルコールフリーです♪
べた付きもなく香りも気にならない、顔に塗りやすい優しいテクスチャーです。

そして…とにかく付け心地が良いんです!
ぬると肌がつるつるになるんです!!

私は初めての手触りでした。
これほどぬった瞬間に肌がツルリとしたものは初めてだったんです!

一つだけ欠点があるとすれば、やっぱりこれ一つでは少し不安だという事でしょうか。
私はトリニティーラインのジェルクリームと合わせてA’kinのナイトクリームも使いました。

もう、鬼に金棒状態ですよ。
保湿に隙はないという感じになります。

ナイトクリームをお持ちでしたらトリニティーラインとお手持ちのクリームで事足りると思います。
とにかくお値段が安いのでどなたにもおすすめのジェルクリームです。

トリニティーライン ジェルクリームプレミアムの口コミ

 

・私の肌に合っていたのか、肌がモチモチとしてきました!オールインワンだから簡単!

・気が付いたら肌がモチモチでピンとしていました!目元のたるみも気にならなくなりました。

・使い続けたら肌がプルンっとなり、毛穴も見えなくなりキメが整った感じがしました!

 

トリニティーライン公式サイト

★関連記事★
30代おすすめ化粧水を厳選ランキングで紹介!エイジングケアにいいのは?
30代からの頭皮ケア!ヒト幹細胞培養液が話題!RE SALONでも使用!
30代の内に使いたい【メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル】を紹介
30代が引き締めボディオイル【ピンクのオイル】を使ってみた感想と効果!
肌老化を80%抑える方法!30代女子がやっておくべきスキンケアはこれ!
30代女子の味方!保湿効果のある【コスメキッチン】スクラブがおすすめ
30代の内に保湿ケア【コスメキッチン】しっとり抜群の化粧水第1位はこれ
30代の内にオーガニック化粧品の『ストレッチマーク バーム』を使おう
30代で使いたい保湿のあるクレンジングミルクはこれ!オーガニック品質
顔が膨張し出す30代では引き締め&小顔効果ナイトクリームを使うべし!
30代必見ナチュラルスキンケア【チャント ア チャーム】優秀アイテム3選
30代の内に使いたい【メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル】を紹介
30代でオールインワンを使うならこれ!肌に差が出る優秀ジェルクリーム
30代女子の肌では何が起きてるの?乾燥によるダメージも詳しく解説!
30代の肌トラブルで困ったらこれ!乾燥や敏感肌でも使える保湿クリーム
30代の肌をピンとハリのある肌に戻すスキンケア!保湿クリームの口コミ
気になる30代のホウレイ線が緩和!使ったのは?おすすめスキンケア紹介

よろしければランキングに協力下さい★

美容・ビューティーランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です