エイジングケアに一番大事なのは?失敗するとエイジングが加速するスキンケアとは?

Pocket

エイジングケアに一番大事なのは保湿?

エイジングケアに一番必要なモノは【保湿】と言われています。
というのにもちゃんと理由があり、エイジングケアは保湿するだけでも十分にケアする事が出来るからなんです。

保湿スキンケアがエイジングケアの近道になる

こちらは正常な肌のイラストです。上から順に角質層・顆粒層・有棘細胞層・基底層・コラーゲンなどがある真皮となっています。
30代の乾燥はまだ一番上の角質層だけが乾燥している状態といえます。

つまりこの角質層をしっかり保湿すれば、エイジングケアになるというのが一般的な基礎化粧品の考え方と作りです。
基礎化粧品のほとんどは角質層にまで浸透しないものがほとんどで、ほぼ角質層の保湿に重点を置いて作られています。





最近よく耳にするヒト型ヒフミドも角質層を保湿するためのものです。
他にもアルガンオイルやプラセンタなども角質層を保湿するための美容成分になります。

30代ならこの方法で十分と言えるのですが、40代になる真皮から乾燥するのでいくら角質層だけを保湿しても意味がありませんし、呼び水の原理が作用し、余計に乾燥してしまう場合もあるのです。

ここでは30代のエイジングケアについて説明します。
角質層の保湿は確かにエイジングケアになくてはならない保湿なのですが。

角質層を保湿するだけでは完全なエイジングケアにはなりません。
確かに保湿をする事によって肌はふっくらしますし、肌状態も良くなります。

ただ、出来てしまったほうれい線やシワを完全に消す事は残念ながら出来ません。
保湿をすると肌が膨らむのでふっくらはします。





しかしシワが消滅している訳ではないのです。
肌がピンと張る事でシワやほうれい線が『目立たなくなっているだけ』ともいえます。

ではどうすれば完全にエイジングケアをする事が出来るのでしょうか?
その為には何故エイジングが進んでいるのか、その原因をしっかり知る事が大事です。

エイジングは加齢だけじゃない!?光老化も関係している!

光老化とは、主に紫外線による老化の事です。
このサイトでも何度も書いていますが、肌老化の実に80%が紫外線によるものとされています。





加齢による肌老化はたったの20%であり、普段陽にあたっていない内腿やお腹などにシワが出来ない理由もそれです。
普段から陽が当たっていないので、内腿やお腹は加齢のみの肌老化しか受けていません。

シワが沢山ある人でも、普段陽に当たっていない場所はシワやたるみがほとんどない筈です。
それだけ紫外線による老化は激しく恐ろしいのです。

地上に降り注いでいる紫外線には紫外線A波と紫外線B波の二種類が存在しています。

図の様に紫外線A波は波長が長く、真皮にまで達してしまう為、真皮にあるコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を破壊し、さらにはこの三つを作り出している細胞『繊維芽細胞』までも破壊します。
これにより肌に弾力がなくなり、たるみの原因となり、ほうれい線や深いシワが出来ます。
対して紫外線B波は基底層にまでしか届きませんが、肌のくすみの原因やシミの原因になります。
基底層には肌をくすませたりシミを作る原因となるメラノサイトがあり、メラノサイトに紫外線B波が当たる事で、メラノサイトが紫外線から体を守る為にメラニンを作成します。

メラニンが沢山作られると肌が黒くなったり、シミが出来たりしてしまいます。
紫外線B波主に夏場の強い日差しの事ですが、紫外線A波は一年中降り注いでいる紫外線です。

もちろん、紫外線にも良い面はあります。
人には必ずビタミンCが必要なのですが、人の体だけではビタミンCを作り出す事は出来ません。

日差しに当たる事によって、人の体はビタミンCを作る事が出来るのです。
ビタミンCには繊維芽細胞を活性化させる働きがあり、皮脂量を調節する働きもあります。

ビタミンCも肌に必要な成分なのですが、ここで大事なのが、ならビタミンCのサプリを飲めば良いのではないかと安易に考えてしまう所です。




人の体は、体の中で作られる成分しか受け取らず、体の中で作られる成分にしか、その働きは出来ません。
つまり外からいくらビタミンCを摂取しても、体にはなじまず、体の中で分解されるだけという事です。

これはビタミンCだけの話ではなく、全成分がそうなので、コラーゲンを口から摂取しても肌から摂取しても、私たちの体は外部から摂取された成分を取り込み、体の中に元からある成分と同じ働きはさせてくれないのです。

コラーゲン入り!ヒアルロン酸配合!などと謡われている化粧品は多々ありますが、そのどれも実は成分そのものの働きはしておらず、ただ保湿成分として使われています。

コラーゲンやヒアルロン酸は保湿力があるので、無意味という訳では決してありません。
ただ、コラーゲンやヒアルロン酸を増やしたいなら、コラーゲンやヒアルロン酸を作り出している繊維芽細胞に働きかける必要があるという事をしっかり理解しましょう。




2019/4/6追記
実は最近の研究で光老化でもっとも危険なのは紫外線ではなく【近赤外線】である事が分かりました。
近赤外線とは肌にあたった時に温かく感じる太陽の恩恵でもあります。
紫外線が10%程度しか地上に届いていないのに比べ、近赤外線はなんと50%も地上に届いている事が判明!
しかも紫外線A波よりも肌深くにまで浸透している事が分かりました。




近赤外線は皮下組織にある筋肉にまで到達し、筋肉を衰えさせてしまうんです。
筋肉が衰えてしまうと肌は全体的にたるんでしまい、ほうれい線やマリオネットラインなどが目立つ様になります。




さらに炎症性サイトカインが発生し、コラーゲンを分解するMMPを活性化してしまうのも危険!
コラーゲンは真皮で肌の弾力を司っているので、近赤外線を浴び続けると皮下組織と真皮、両方にダメージを受けてしまう事になります。
これが肌のエイジングを大きく進める原因です。




肌が乾燥しているとエイジングは加速する!

実は肌がしっかり潤っていれば、紫外線や近赤外線をガードする事が出来ます。

角質層にあるセラミドは、角質細胞の間を埋め尽くす様に層を作っていて、水を抱え込み閉じ込める働きもあるんです。
このセラミドがしっかり肌にあれば、肌のバリア機能が向上し、エイジングの元となる光ダメージをガードしてくれるんですよ!



エイジングケアに失敗すると余計に老ける?

30代でエイジングケアに失敗すると、すぐに顔に現れるので分かると思います。
間違ったスキンケアをすると、シワが増えたり肌がたるんだり、シミが出来てしまったりと実年齢よりも老けて見えてしまいます。

では何が間違ったスキンケア方法なのでしょうか?
スキンケアはまずクレンジングと洗顔から始まります。

意外とこのクレンジングと洗顔をスキンケアとして考えていない人は多いのですが、実はスキンケアの中で一番大事と言っても過言ではありません。
クレンジングと洗顔は、肌の状態に大きく関わっています。





がっつりメイクした日は、クレンジングでがっつりメイクを落としてから洗顔ですっきりしたいと思う人は多い筈です。
私ももちろんそうで、洗顔した後に顔にぬるぬるしたぬめりが残るのはとても嫌なものです。

しかし実はクレンジングと洗顔のW洗顔をしてしまう事によって、ターンオーバーを必要以上に早める事になり、尚且つ顔に必要な皮脂や潤いも失ってしまいます。
20代の頃ならそれでも大丈夫でした。





しかし潤いの絶対数が減ってしまっている30代移行にW洗顔をしてしまうと、肌には致命的なダメージを与える事になってしまいます。
まず、ターンオーバーが早まるとはどういう事なのかを説明します。

私たちの体は怪我をすると皮膚がすぐに修復しようとして、新しい肌細胞を生みだします。
実はこれがターンオーバーなのです。

怪我をした場合、早く新しい細胞を作り、傷ついた古い細胞を体から出そうとします。
実はW洗顔をした肌にも、これと同じ事が起きています。

つまりW洗顔した顔は、肌にしてみれば怪我を負っている状態と同じという事です。
必要以上にターンオーバーが早まってしまうと、肌トラブルが尽きません。

多くは大人ニキビの原因や、自称敏感肌を引き起こしてしまいます。
実は敏感肌の実に9割の人が、自ら敏感肌にしてしまっている自称敏感肌と言われています。

その原因はW洗顔などによる過剰なケア。
敏感肌とは肌が本来もつべき保湿機能が著しく低い人の事なのですが、間違ったスキンケアで後天性の敏感肌になる人はかなり多いのです。








自称敏感肌の場合、スキンケアを見直し、しっかり保湿をすれば改善される可能性は高いです。
まずはW洗顔を止め、W洗顔不要のクレンジングを使ったり、オイル系のクレンジングを止め、肌に優しいクレンジングを使う事をおすすめします。

または洗顔を美容成分が含まれているものにするか、擦らず洗い流せるタイプの洗顔がおすすめです。
一応いくつかおすすめのクレンジングと洗顔を紹介します。

エイジングケアにおすすめのクレンジングと洗顔

美容断食のkooミラクルクレンジング お試し用¥999(税込)
正しいクレンジングで透明美肌♪ 【kooミラクルクレンジング】

このクレンジングはW洗顔不要で、しかもミルククレンジングなので肌への負担をかなり軽減する事が出来ます。
オイル系のクレンジングは洗浄力が高すぎて、肌に必要な成分ごと、ごっそり持っていかれてしまいます。





30代になったらミルククレンジングやジェルクレンジングがおすすめです。
ミルクだとモノ足りないという人にはこちら。

マナラホットクレンジングゲル 27%オフ ¥2990(税込)
美容液クレンジング【マナラホットクレンジングゲル】

こちらもW洗顔不要のクレンジングジェルで、肌に負担を与えません。
まつエクをしていても使える便利なクレンジングジェルです。

しかも冬に嬉しいホットクレンジングなので、顔がほっこり暖かくなりますよ!
毛穴汚れも除去してくれるので、毛穴の黒ずみが気になる人にもおすすめです。

2011年アットコスメ【洗顔部門】第1位★
ペネロピムーン【ジュノア】一ヶ月使い切り50g定期便¥1080(税込)
初回限定の定期便なら超お得な50%オフで購入する事が出来るペネロピムーン【ジュノア】★

公式サイト→【送料無料】初回限定50%OFF!
ワンランク上のスペシャル洗顔石鹸『ペネロピムーン ジュノア』

ペネロピムーンには2つのこだわりがあります。
1.洗顔だけで美しい肌をつくるというこだわり…スキンケアの中で一番重要なのは【洗顔】しっかり汚れを落とし、肌環境を整えるからこそその後のスキンケアが活きてくる
2.どこまでも天然成分でうるおう、というこだわり…肌に負担をかけない天然原料にこだわった製品作り




和漢植物エキスが配合されているので【洗う】【与える】を同時に行う事の出来る洗顔石鹸!
定期便だけどいつでも変更・停止可能!
クレンジングと洗顔の両方を使いたい人にはこちらの洗顔石鹸がおすすめです。




クレンジングと洗顔以外にエイジングケアで気を付けたい事は?

私がもっとも気を付けていると言っても過言ではないのが、スキンケア化粧品を使う時の肌への摩擦です。
肌にもっともダメージを与える三大要素は【紫外線】【乾燥】【摩擦】です。

エイジングケアを意識したスキンケアの使い方

スキンケア化粧品、特にクリーム系を塗る時に特に気を付けたいのが摩擦。こういう塗り方をしている人は要注意です。

顔全体にクリームを延ばす際、右の図の様に肌を強く引っ張ったり、勢いよくシャカシャカとクリームを塗るのはNG!
素早く顔にクリームを塗ってしまうと肌に摩擦を与えてしまいます。





さらにリフトアップをしたいが為に肌をグイグイ上に引っ張るのも危険です!
顔の皮膚は体の中で一番薄く、一番壊れやすい繊細な場所です。

強い力で肌を引っ張ってしまうと、肌の構造が崩れるだけではなく、肌のたるみの原因になります。
優しく顔全体にクリームを塗る様に心がける事をおすすめします。

ちなみにほうれい線を消したい場合、全体に薄く塗った後、指先にパール半分くらいの量を乗せ、ほうれい線部分に塗り込み、指一本だけを使ってやさしく上へ引き上げる様にしましょう。
私の場合は10秒ほどキープし、それを5回ほど繰り返しています。




エイジングケアしたいなら化粧品の成分を確認すべし!

エイジングケアを第一に考えてスキンケアをする場合、配合されている成分をしっかり確認する事が大事です。
とはいえ成分を見ても訳が分からないという事がほとんどです。

そこで分かりやすいのが通販中心の化粧品ブランド。
通販の場合、その化粧品一番の売りである成分を大きく表示している場合が多いです。

私がおすすめする成分キーワードは【ヒト幹細胞培養液】【天然ヒト型セラミド】【ラメラ構造】の三種。
成分ではないおすすめキーワードは【繊維芽細胞に働きかける】という文言がついている化粧品です。





まずヒト幹細胞培養液について説明します。
ヒト幹細胞培養液とは、ひとの細胞を培養(増やす)時に出る液体の事で、そのままヒトがそもそも持っている成分でもあります。

培養液なので、細胞そのものではありません。
他人の細胞が化粧品に配合されている訳ではありませんのでご安心を。

そもそも幹細胞とは一体…?

幹細胞とは、細胞自身が分裂し増殖出来る細胞の事です。
細胞の幹だから、幹細胞なんですね。





しかし皮膚の幹細胞は年齢とともに減少してしまうものなんです…。
皮膚の幹細胞は表皮や真皮にも存在しています。

表皮にある表皮幹細胞は肌のターンオーバーである新陳代謝を担う役割があり、真皮にある線維芽細胞にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出す力があります。

この線維芽細胞を作り出しているのが真皮幹細胞となります。
線維芽細胞が活発に働いていると、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸による新陳代謝がしっかりと行われる事によって美肌を作り出してくれるのです。

線維芽細胞には大事な三つの働きがあります。
1. コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作る!
2. 細胞分裂を繰り返し、大事な線維芽細胞を自ら増やす!
3. 真皮の構造を作る為にコラーゲンを束ねる!
なのでどちらが欠けても美肌からは遠ざかり、肌の老化を促進させる原因になってしまうんです。
表皮や真皮にある幹細胞は、美肌成分でもあるヒアルロン酸やコラーゲンに大きく影響しています。
ヒアルロン酸は保湿以外にもコラーゲンの状態を良くしてくれる大事な成分です。
このヒアルロン酸は表皮細胞によって作られます。
しかし年齢とともに表皮細胞が作り出すヒアルロン酸量は減少してしまうのです。





そしてこの表皮細胞を作り出す能力が高いのが、表皮幹細胞でもあります。
表皮幹細胞は新陳代謝も司る大事な細胞でもあります。

表皮幹細胞や真皮幹細胞はまとめて成体幹細胞と呼ばれます。
表皮の下にあるのが真皮になり、その間で二つを繋げる役割を担っているのが基底膜です。

幹細胞は年齢とともに減少してしまうもので、減少する事によってターンオーバー(新陳代謝)は落ち、シワ、たるみといった老化を促進してしまいます。
細胞を作り出しているのが幹細胞なので、その幹細胞が少なくなると新陳代謝(ターンオーバー)が落ちてしまうのです。




ヒト幹細胞培養液とは、細胞を強制的に活性化する事の出来る次世代エイジングケア成分です。

今までどんな化粧品を使っても対して良いと思えなかった人にはぜひ一度使ってみて欲しい化粧品です。

このヒト幹細胞培養液が配合されている化粧品をいくつか紹介しますが、次世代エイジングケアと呼ばれているだけあり、それなりのお値段がする事を先に伝えておきます。
ただ、実際に私もヒト幹細胞培養液が配合されている化粧品を使っており、その良さはお墨付きです。



エイジングケアにおすすめ化粧品①アクティバート

まずはこちら【アクティーバート for デイリーシリーズ】こちらはサイトでも何度も紹介している私の中で最高とも言える化粧品です。
死ぬまで使い続けたい化粧品の一つですね。

これを使ってから肌がつるつるになり、毛穴も目立たなくなった気がします。
化粧ノリがめちゃくちゃよくなりました。

ほうれい線もかなり目立たなくなったので、アクティバート様様です。
アクティバートは現在01から04まで展開されており、04だけはスカルプになります。

実はヒト幹細胞培養液は細胞を活性化させる事が出来るので、頭皮にもかなり有効なんですよ!
髪のボリュームが気になりだしたら私も04を使おうと思っています。

そして01がブースターローションです。
ブースターローションに配合されている美容成分には荷電処理がされています。


実は美容成分って他の美容成分とくっついてしまうと働きが悪くなるという特徴があります。
アクティバートはこの問題を解決する為に、わざわざ荷電処理をし、電気を発する事で美容成分同士がくっつかない様にしているんです。

アクティバート SCブースターローション ¥12,800(税抜き)
アクティバート for デイリー 公式サイト





02は高級マスクなのですが、普通のマスクって不織布で作られているのが普通なのですが、このマスクは【バイオセルロース】と呼ばれるもの。

このマスク…密閉と保湿があり得ないくらい凄いです!!
こんなちっちゃいマスクでもそれがよく分かりました。

まず信じられないくらいの密閉間!!
不織布の様に肌とマスクの間に空気が入らない!!





空気が入るとマスクは直ぐに乾燥してしまうんですが、このマスクはそれがないんですね。
すさまじい密閉感で、肌に潤い成分を届けてくれます。

普通のマスクって鼻とか目元に隙間が出来てしまいますよね?
それを防ぐ事の出来るマスクが【バイオセルロース】なんですね。

さらにこのマスク、全然乾燥しないんです!
普通のマスクだと10分も20分も置いておくと乾燥してしまうじゃないですか?

このマスク…全然乾燥しないんです!
なんかもうずっとプルプルしてるんですよ!!




何時間でも付けてられそう♪
いや、マスクである限りずっと付けているのは良くないんですが…そう思えてしまうくらい凄い!

欲しい!お金があったら即買いしてますこれは!
実際芸能人の間では多く使用されているみたいです。

あとお値段が高いので特別な日の前に使ったり、ギフトで送る場合も多いみたいです。
高級マスクやスキンケア化粧品って中々自分では買わないものだから、ギフトとして貰うととても嬉しいんですよね★

アクティバート インプライム マスク1枚入り ¥2,500(税抜)
アクティバート for デイリー 公式サイト

そして03は2018年10月に発売されたばかりのミルク美容液★
ミルク?美容液?どっち?って思いますよね??

その両方なんです!
なのでこのミルクを塗ればもう美容液はいらないって事なんです!





こちらを試してみました!

テクスチャーは柔らかめで、こちらも香りはほとんどしませんでした!
ローションと同じく、肌に吸い込まれる感がすごい!





私はこれを塗った時に少しだけ肌がピリピリしました。
本来は先に塗っていたローションが荷電処理されてるので、電気でピリピリするのは分かるのですが…。

私の推測ですが、おそらく肌で荷電していたローションがミルク美容液の成分とくっつかない様に働いた事で、肌が少しピリピリしたのかな?と思いました。

で、保湿はもうこれでばっちりな感じです!
美容液が入っているので、肌がツルリとした感じがしました!





肌の中にどんどんヒト幹細胞培養液が入っていってる~!
という感じです(笑)

アクティバート SCデュアル ミルク ¥16,800(税抜)
アクティバート for デイリー 公式サイト
次に紹介するのはこちら。




エイジングケアにおすすめ化粧品②ディアガイア

ディアガイア【ナイトリペアエッセンス】¥12,000(税抜)
公式サイト→【DEAGAIA ナイトリペアエッセンス】

これは完全にヒト幹細胞の美容液ですね。
なので幹細胞に直接働きかけてくれる美容液です。

しかもオールインワンセラムって書いてあるから、美容液系はこれ一つで済むという事ですね。
これ、何が凄いって本体の美容液がフリーズドライになってるんですよ。