30代のスキンケアって?若い時と一緒じゃダメ?そのままにしておくと醜い老け顔に!

Pocket

30代のスキンケアって何をすればいいの?

30代のスキンケアは保湿が命!

30代のスキンケアを正しく行うには、30代の肌がどういう状態なのかをしっかり理解しておく事が大事です。
20代の頃には感じなかったエイジングが徐々に表れ始めるのが30代です。

若い時と同じスキンケアをしていると、肌はどんどんエイジングが進んでしまい、実年齢よりも高く見えてしまいます。
では30代のスキンケアでは何をすればいいのでしょうか?




まず知って欲しいのは、何故エイジングが進むのかという事。
大抵の人は加齢であると答えるのではないでしょうか?

でも実際、加齢によるエイジングの原因はたったの20%と言われています。
では何がエイジングを加速させているのか…その答えは【紫外線】です。





紫外線による加齢の原因はなんと80%とされています。
実はエイジングのほぼすべてが紫外線によるダメージによるものだったのです。

さらに30代になると20代の頃の様に何もしなくても肌が潤っている状態ではなくなってしまいます。
この原因はターンオーバーの乱れによるもの。

20代の頃はターンオーバーの周期が約28日となっており、ターンオーバーの一番理想的な日数でもあります。
しかし30代になるとターンオーバーの日数は一気に40日以上かかる様になってしまうのです。

また、間違ったスキンケアでターンオーバーが早まってしまっている場合もあります。
ターンオーバーとは、肌の細胞が生まれて死に、アカとして外へ剥離するまでのサイクルの事です。

細胞は基底層で生まれ、有棘細胞や角質細胞に変化しながら上へ移動していきます。
この変化を『角化』と呼びます。

基底層で生まれた細胞は角化しながら、その場その場で必要な成分を放出したり、必要な働きをしながら上へ移動し、古くなれば自ら外へ出ていきます。
生まれた細胞は上へ移動していく間、実は肌に必要な保湿成分を放出しながら移動しています。





それを通常28日で行う事によって、肌は必要な保湿成分を体の内側から補填する事が出来ているのですが、ターンオーバーが早すぎたり遅すぎたりすると、必要な保湿成分が肌に与えられず、肌は常に乾燥した状態になってしまいます。

肌が乾燥すると何が危ないのでしょうか?
肌には保湿=バリア機能という図式が出来ています。

保湿成分があるからこそ、肌は肌にダメージを与える刺激物をガードする事が出来ているのです。
この刺激物が肌に侵入してしまうと、エイジングがさらに加速してしまいます。





この刺激物が紫外線や大気汚染です。
バリア機能を高める事がエイジングケアにも繋がるという事です。

では既に受けてしまっているダメージはどうすればいいか…それについては最後のおすすめ化粧品で説明します。
30代のスキンケアではまず保湿が一番重要です。



30代のスキンケアは若い時と一緒じゃダメ?

30代のスキンケアは30代の肌に合ったスキンケアを!

30代に合ったスキンケアの説明の前に、肌の構造を説明していきます。

まずこれは正常な肌の状態で、一番上の角質層の潤いによって肌のバリア機能が稼働しています。
バリア機能とは角質層にある角質細胞間脂質の事で、ここにセラミドがあります。

というかセラミドが肌のバリア機能そのものと言えます。
セラミドは油と水の層でできており、この層は1500層あるとされています。

この層をラメラ構造と言います。
30代の肌は、ラメラ構造の保湿成分が減少し始めている状態です。





30代ではまだ角質層の乾燥だけですが、40代になるとさらにその下、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸がある【真皮層】という内側の乾燥が始まってしまいます。

ここでは30代の乾燥について説明します。
30代の乾燥は角質層だけなので、とにかくこの角質層を保湿する事が重要です。

30代の内に角質層をしっかり保湿する事によって、40代から始まる内側からの乾燥を軽減する事に繋がります。
では角質層を保湿するには何が良いのでしょう?

答えは【天然ヒト型セラミド】です。
天然ヒト型セラミドとは、100%天然のもの、つまり合成で作られたものではなく、天然の物から取り出されたセラミド、さらにヒト型とは、人が持っているセラミドと同じ形のセラミドという意味です。





セラミドの原子は拡大するとこういうマッチ棒の様な形をしており、水色の部分が水分で黄色の部分が油でできています。
人が持つセラミドの原子と同じ形をしているセラミドの分子が配合されている化粧品を使う事が、もっとも角質層の保湿に適しているという事です。



30代のスキンケア…そのままだと10年後には醜い老け顔に!

30代になってもまだ20代の頃のようなスキンケアをしている場合、10年後には手のつけられないくらいのエイジングに進んでしまっている可能性も!
20代の頃からエイジングケアに力を入れている場合は問題ありませんが、20代の時からずっといわゆるプチプラと呼ばれるスキンケアを使い続けている人は要注意です!

プチプラ化粧品は20代前半までしか使う事の許されない化粧品です *あくまで私個人の感想です
20代前半の女性がプチプラ化粧品を使う事は何の問題もありません。

30代でも使い続けている事が問題です。
前もって書いておきますが、決してアットコスメを貶めるつもりはありませんし、プチプラ化粧品にも良い点はあります。

ただ、アットコスメで第一位に輝いているクレンジングや化粧水が30代にとっても“良い物”であるとは限りません。
危険なのが総合ランキングです。





総合なので年齢に関係なく人気という事になりますが、どう見ても20代におすすめの化粧品がランクインしているのが現状です。
アットコスメのランキングを参考にする場合、年齢別ランキングを参考にする事をおすすめします。

年齢別なら30代前半、30代後半と細かく分かれているので、20代でしか使えない様な化粧品がランクインする可能性は低くなります。
とはいえ、完全に20代向けの化粧品が排除されている訳ではありません。

単純にその商品を使っている人数=ランキング上位という形式になっているので注意が必要です。
使っている人が多ければ多いほど、口コミもそりゃ多いですよね?





そして安いものがランクインしやすいという理由もここにあります。
安い化粧品は誰でも手に取りやすい値段ですから使っている人数も自然と多くなります。

もちろんランキングインするのですからプチプラでもプチプラなりに良い物であるのは確実でしょう。
しかしプチプラにはプチプラの理由があり、高い化粧品には高いだけの理由があります。

配合されている美容成分の種類から分量、さらに成分の処理方法などで値段は大きく変わってきます。
プチプラな化粧品はほとんどが水で、美容成分はほぼ皆無と言っても過言ではありません。

30代でまだそんな化粧品を使っているとしたら、角質層の乾燥はただ加速するだけです。
角質層が乾燥する事によってエイジングも加速します。

バリア機能が低下してしまうので当たり前と言えば当たり前です。
30代でいかに角質層を保湿できるかが、今後のエイジングケアへ繋がっていくのです。



30代のスキンケアでもっとも気を付けなければいけない事

30代のスキンケアで気を付けなければいけない点を箇条書きで書き出してみました。

1. プチプラ化粧品ばかり使わない

2. W洗顔はなるべくしない

3. シャワーを顔にあてない

4. 化粧水を叩き込まない

5. クリーム系を使う時に肌を引っ張らない





細かく書くともっと沢山あるのですがあまり項目があっても面倒で全部出来ないので特に重要なものだけを書き出しました。
実際私もあまりに項目が多いとやらなくなる面倒くさがりなので。

30代でしてはいけないケア方法を細かく検証

プチプラ化粧品ばかり使わない

まずプチプラ化粧品ばかり使わないという点ですが、コスメについてはプチプラでも問題ありません。
重要なのは基礎化粧品、特にクリーム系です。

化粧水は使うのならそれなりのお値段の物がおすすめではありますが、皮膚科の先生曰く、化粧水は使わなくてもスキンケアに問題はないという事です。
リーズナブルに纏めたいなら化粧水は省いても大丈夫という事ですが、私は変わりに美容液を使う事をおすすめします。





それもブースター系の美容液がおすすめです。
ブースター系の美容液はその後に使うスキンケアの効果を底上げしてくれて便利です。

洗顔→美容液→乳液→クリームくらいで大丈夫なのですが、ここで気を付けなければいけないのは、またもプチプラ化粧品。
スキンケアの数を少なくする場合、余計にプチプラ化粧品は使わないに越した事はありません。

できれば全部¥5000以上のものがおすすめなのですが、それがキツイ場合はオールインワンを取り入れるのも手です。
ちゃんとしたオールインワンなら美容液+乳液+クリームを一纏めにできます。

しかしここでも気を付けて欲しいのがやっぱりプチプラです。
オールインワンを使う場合、1万前後のものがおすすめです。

オールインワンをプチプラにしてしまうとかなり危険です。
肌になんの美容成分も与えていない状態になってしまう場合があります。

そうなると肌は肌本来がもつ保湿成分に頼る事になるのですが、30代ではそれも出来ません。
上でも説明しましたが、ターンオーバーが乱れる30代では、肌本来の保湿成分に頼りきるのは危険です。

肌本来の保湿成分が加齢によって20代の頃のような働きをしてくれないからこそ、30代の私たちは外側から肌を保護しなければいけないのです。

W洗顔はなるべくしない





30代の肌にとってW洗顔は肌が怪我した状態にするのと同じです。
必要以上に肌に必要な成分をはぎ取られるだけではなく、自らの肌を敏感肌にしてしまう場合もあるのです。

敏感肌のなんと90%は自称敏感肌と言って、自らの肌を自ら敏感肌にしてしまっている人です。
その原因はW洗顔!

クレンジングオイルでがっつりメイクを落とした後にさらにがっつり洗顔石鹸で洗う事により、30代の少ない保湿成分が限界まではぎ取られ、肌は怪我をした状態と同じになります。
怪我をした部分は皮膚を修復しようと肌が限界速度でターンオーバーを開始します。

必要な期間で角化していく細胞が、極端に短い時間で角化し剥離していってしまうので、角化の間に肌に放出される筈の潤い成分は放出されず、肌はカピカピの状態に!
瘡蓋を思い出して頂ければ分かると思いますが、瘡蓋には潤いがなくカサカサしています。





それと同じ状態に顔がなってしまっているという事です。
カサカサになった肌には容赦なく外的刺激が侵入し、エイジングが加速します。

クレンジングはなるべくオイルを使わず、W洗顔不要の物を使う様にしましょう。

シャワーを顔にあてない

シャワーを顔に当てるのは30代にとって自殺行為です。
角質層にあるセラミドって、実は簡単に剥がれおちてしまうんです。

顔を洗っただけでお湯と一緒に流れ落ちてしまいますし、タオルで顔を拭いただけでも取れます。
顔のバリア機能にとって重要な役割を持っているセラミドは、実はとっても繊細で少しの摩擦ですぐに取れてしまうものなんです。

それなのに顔に直にシャワーをあててしまったら……!
たぶん全部取れますね。

お風呂上がりに顔がパリパリになるのはセラミドが根こそぎ奪われているからです。
顔を洗う時はシャワーを直にかけず、お湯を手ですくい取って、優しく洗い流しましょう。

化粧水を顔に叩き込まない





ついやってしまいがちなのが、化粧水をパチパチ顔に叩き込む行為。
顔の皮膚は体の中で一番薄い部分です。

パチパチと手で叩くだけでも顔の皮膚構造が破壊されてしまいます。
顔の皮膚構造が破壊されるとバリア機能が低下するだけでなく、たるみやシワの原因にもなってしまいます。




間違ったスキンケアで起きる致命的な30代のエイジングとは?

たるみやシワの原因は肌のハリが失われる事で起きています。
ハリは真皮層のコラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸によって保たれています。

真皮層が破壊される事によって、基底層が真皮層に沈み込んでしまうのです。

真皮層のコラーゲンはエラスチンがコラーゲンを上手く纏めて、さらにコラーゲンとエラスチンの隙間をヒアルロン酸が埋め尽くしています。
顔をたたき過ぎるとコラーゲンを支えているエラスチンがバラバラの状態になり、ハリが失われてしまうのです。





一度コラーゲンとエラスチンがバラバラになってしまうと、修復するのはかなり大変です。
基本的に一度たるんでしまった肌は元に戻らないとされています。

それこそ医者の手にかからなければ治す事は出来ません。
ですから30代では正しいスキンケアを行い、肌に負荷を与えない様にする事が重要なんです。

クリーム系を使う時に肌を引っ張らない

乳液やクリームを塗る時にも注意が必要です。
これもやってしまいがちなのですが、リフトアップしたいが為につい肌を上へ上へ引っ張り過ぎてしまう場合があります。

肌の構造は繊細なので、引っ張り過ぎる事でも肌の構造は破壊されてしまいます。
なるべく力を込めない様に顔全体に優しくクリームを塗りましょう。

顔の皮膚は引っ張り過ぎる事でもたるみの原因になってしまいます。

優しく顔全体にクリームを広げた後、気になる部分にテンテンとクリームを置いて、指一本でリフトアップマッサージするのがおすすめです。



30代のスキンケアにおすすめの化粧品は?

私の独断と偏見による30代におすすめのスキンケア化粧品です。
*敏感肌や乾燥肌の人は専用のスキンケア化粧品を使う事をおすすめします。

ドクターソワ【モイストリフトプリュスセラム】通常価格¥10800(税込)

公式サイト→24時間ハリ続く!モイストリフトプリュスセラム

ドクターソワのモイスリフトプリュスセラムについて詳しく説明していきます!
マッサージ不要のお肌に乗せるだけでエイジングケアになる優秀美容液です。

使用後、肌に効果を感じた人は全体の98%、また使いたいと答えた人が95%と高い数値が出ています。
しかもこのアンケート、100人とか1000人規模ではなく、1万人にアンケートしています。





人数が増えれば増えるだけ数値って低くなるのですが、効果を感じた人が全体の98%となっているのでかなり高く信頼出来る数値と言えます。
さらにこの美容液、プロ御用達でもあります。

プロとは美容皮膚科・美容クリニック・エステサロン・メイクアップアーティストが使っているという事です。
こういった所で使われる化粧品って基本一流のモノでなければいけません。
そうでなければお客さんがリピートしてくれませんからね。
なのでプロ御用達かそうでないかも、かなりドクターズコスメを選ぶ基準になるかと思います。




さらにこの美容液、使って10分で肌の違いが分かるという即効性もあり、朝使うと夜まで肌がピーンと引き締まっているという持続性にも優れています。
普通のリフトアップクリームだと、使ったその時は確かにリフトアップされていると感じるのですが、時間が経つにつれて肌は再びたるんでしまい、夜までは持ちません。

持続性があるかないかという点も、かなりドクターズコスメを選ぶ基準になります。
では肌のハリが低下する原因とは一体なんなのでしょう?

ドクターソワは肌のたるみの原因に筋肉の衰えを上げています。
加齢による筋肉の衰えはどうしようもないものです。

加齢により筋肉が衰えると上記の図、右側の様なエイジングが加速します。
若い肌はしっかりと弾力のあるバネになっていますが、年齢によって筋肉が衰えた肌は伸びきったバネの様になってしまっているのです。




筋肉がしっかり機能しているのは【アセチルコリン】という神経伝達物質のおかげです。
赤ちゃんの肌がパンっと張っているのは、このアセチルコリンが沢山分泌されているからだと言われています。

アセチルコリンが筋肉に緊張を与える事により、筋肉にハリが出るという訳です。
ではこのアセチルコリンを作るにはどうすればいいのか。

アセチルコリンをそのまま体内に取り入れても実は意味がありません。
私たちの体は、自分の体から作られた成分しか受け取る事はないからです。
いくら同じ成分を摂取しても、私たちの体はその成分を体に元からある成分として機能させる事はあり得ないのです。
余談ですが、コラーゲンやヒアルロン酸が配合されている化粧品やドリンクを飲んでも、実はあまり意味がないという事です。





そのためドクターソワは体の中でアセチルコリンに変化する成分を配合しています。
それが【DMAE】と言われる成分です。

DMAEはアセチルコリンの元となる成分で、その体内での働きも『ニコラス・ペリコーン博士』による実験で立証されています。
その実験では使用してから30分後、肌が明るくなり肌のたるみが改善され、さらに24時間の持続性が確認されました。





アセチルコリンを増やす事で肌にハリを与え、もっちりとした弾力のある肌にする事が出来ます。
DMAEが肌にもたらす効果はこれだけではありません。

肌の栄養は毛細血管を通して運ばれるのですが、年齢と共に血流やリンパの流れは年齢と共に悪くなっていきます。
肌に充分な栄養が行かなくなるとエイジングが進む原因になります。
DMAEは血管の流れをスムーズにしてくれる働きもあるので、肌を生き生きとした状態へ促す事が出来ます。
血流がよくなると顔のむくみも解消されます。

さらに活性酸素から血管を保護し、丈夫にしてくれる働きもDMAEにはあります。
活性酸素は紫外線によって活性化してしまうので、どうしても避ける事の出来ない現象です。

紫外線により活性酸素が活性化すると、これもエイジングを進める原因になってしまうのです。
DMAEが配合されている化粧品を使う事で、何十にもエイジングケアする事が可能なんです!





DMAEが配合されている化粧品の全成分記載欄には『酒石酸ジメチルエタノールアミン』と記載されているのでぜひ確認してみて下さいね。

公式サイト→24時間ハリ続く!モイストリフトプリュスセラム

 ドクタージュ【パーフェクトセラム】通常価格¥6482(税込)

公式サイト→プロラヴィッシュパーフェクトセラム

続いてドクタージュのパーフェクトセラムについて説明していきます。
肌老化の実に80%が紫外線によるものであると説明しました。

この美容液、光老化専用ともいえるエイジングケア美容液なんです!
美容皮膚科学から生まれた最先端ともいえる美容液。





光老化って、実は2年前から研究が始まっているもっとも新しいエイジングケアの部類なんです。
しかもこのパーフェクトセラム、世界特許技術を取得しています!

他にも5冠を達成している凄い美容液なんです。
お肌の老化の原因の80%が紫外線なので、紫外線ケアに特化した化粧品を使う必要があります。
しかし紫外線ケア用の化粧品ってまだまだ少ないのが現状…。
ドクタージュは一歩先を行く技術により、まだ多くの化粧品会社が取り組めていない光老化ケアに着手しています。




何が世界特許取得しているかというとドクタージュがもつ技術で作られた【浸透型ビタミンC誘導体】という成分。
ビタミンC誘導体はよく耳にするフレーズだけど、浸透型って聞いた事ないですよね?
私も初めて聞いたのですが、このビタミンC誘導体、往来のビタミンC誘導体の約200倍の浸透力があるんですって!
ビタミンC誘導体が肌に働き掛けるのは、くすみ、乾燥、小じわ、などのエイジング。

浸透型ビタミンC誘導体もそれは同じです。
つまり普通のビタミンC誘導体よりも優れているという事なんですね!

これは特許技術取得する訳ですね。
さらにこの誘導体の効果を高める保湿成分も一緒に配合されています。

実はビタミンC誘導体って、肌が乾燥しやすいというデメリットがあるんです。
しかし一緒に保湿性の高い美容成分を配合する事によって、パーフェクトセラムはその問題を解決しています。




さらにヒト型セラミドに近い形状をしている柚子果実エキスが配合されていたり、肌荒れを防止してくれるオウレンエキスや、ターンオーバーを整えてくれるブドウ果汁発酵液、肌の弾力と保湿を整えてくれるアーチチョーク葉エキスなども配合されています。
これ一つで保湿もエイジングケアも出来てしまうのでとってもお得!

ただ、パーフェクトセラムをぬった後には、フタの役割としてクリームを使う事がおすすめみたいです。

公式サイト→プロラヴィッシュパーフェクトセラム

大正製薬ドクタープログラム【トリニティライン】通常価格¥3800(税抜)

これ安く感じますが、まあ配合量が少ないので安いだけです。

公式サイト→【TRINTYLINE】

トリニティラインはこのセラミドを高配合する事によって保湿力をアップしています。
往来品の約55倍のセラミドを配合!!
さらに凄いのは、水を一滴も使用していないところ!
だからほとんどが美容成分で出来ているんです。





画像で説明します。

一般的なオールインワンのジェルクリームは水から作られます。
その水にジェル基剤と美容成分を混ぜ合わせて作るんですね。

けどトリニティラインのジェルクリームはここからもう違うみたいです。

本来、ジェルクリームは【ジェル基剤+美容成分】【セラミドパーツ(保湿)】【その他美容成分】を別々に作ってからじゃないと作れないらしいんです。





でも一般的なジェルクリームは全部を一緒に混ぜ合わせてしまいます。
それはジェルクリームという名の付いたなんか、別物?という事です。

そしてこのセラミドパーツとは何ぞや?と思いますよね?
このセラミドパーツがハンパなく凄い!

ここに製薬会社としての底力を感じました。
普通の化粧品会社では中々ここまでは出来ないのではないかと思います。

『トリニティラインは独自技術が凄い』

まずセラミドは肌が本来持っている、バリア機能や保湿を司る大事な成分です。
でもこのセラミド上でも説明しましたが顔を洗うだけでも外へ流れ出て行ってしまいます。

さらに言うと敏感肌の人はこのセラミドがかなり不足して肌の保湿が足りず乾燥している人の事です。
普通の肌よりもセラミドが外へ流れ出ていきやすい人でもあります。

このセラミドを沢山取り入れる事で、肌本来の保湿力やうるおい、ハリ、キメを取り戻せるんです、が!!
そう簡単にセラミドは摂取しても肌の中にとどまってくれません。




トリニティラインは独自のナノカプセルを作り出す事で、このセラミドをしっかり肌に定着させているんです。
セラミドは上の図でいう所の、角質脂肪間脂質という所にあります。

このラメラ構造は肌の保湿も司っている大事な部分です。
すぐ家出しようとするセラミドを閉じ込める、トリニティラインのナノカプセルとは?

ナノと名前が付いているからかなり小さい物だという事は誰でも想像が付くかと思います。
しかしこのナノカプセル、ただ小さいだけではありません!

まあ小さいと角質細胞の間をまず通り抜けられないんですけどね。
カプセルにする事で、ちゃんとセラミドを目的の場所に届ける事が出来るんです。




ナノカプセルの中には豊富な美容成分が詰め込まれています。
これがちゃんと角質脂肪間脂質に届き、そこで初めて美容成分が肌の中に広がり保湿してくれます。

正式名称は【LHPナノカプセル】これが直ぐに肌の隙間を埋めてくれます。
なので塗って直ぐに肌の違いを実感する事が出来ます。

ナノカプセルの中に入っているセラミドも、天然モノを使用!!
セラミドは人口の物も多いのですが、天然は人口の保水力に比べてなんと3.5倍もの保水力があります。





セラミドが肌の必要な個所にちゃんと届く事によって、肌を保湿し、肌がうるおいを取り戻し、ハリが戻る事によって小ジワを目立たなくしてくれます。

やっぱりこのナノカプセルの技術が凄いのか、トリニティラインのジェルクリーム プレミアムは9年連続で最高金賞のモンドセレクションを受賞しています。

モンドセレクションって金・銀・銅があるんですが、トリニティラインは9年全てにおいて最高金賞を取っています。
実際に使ってみると9年連続で金賞受賞している理由が分かると思います。

さらにモンドセレクションでは2016年に新たに特別審査員賞を設けました。
この2016年に初めて特別審査員賞を受賞したのも…トリニティラインなんです。




ちなみに金賞と特別賞を同時に受賞したのは世界で初めての事らしいです。
化粧品部門の特別な審査員賞に選ばれるのは、数多くある化粧品の中からたったの一品だけ。
金賞プラスそれまで受賞してしまうトリニティラインの保湿ジェルクリーム プレミアムは本当にすごい商品です。
言ってしまえば9年間、どの会社の製品もトリニティラインのジェルクリームを抜く事が出来ていないという訳です。





未だ大正製薬のドクタープログラムを抜く事は、誰も果しえていないんですね。

公式サイト→【TRINTYLINE】

オルビスユー7日間体験セット ¥1000(税込)

オルビスユーのトライアルキットは7日間分がセットになったプチプラ化粧品です。
初めてオルビスユーを使うなら、まずは7日間のお試しセットがおすすめです。

本来3セットで普通サイズを買うと¥7560(税込)するスキンケア化粧品を¥1000で試せるのは嬉しいですね。
トライアルセットは初回限定¥1000ですが、二回目以降でも¥1296(税込)で購入出来ます。





公式サイト

オルビスユーのスキンケア化粧品がエイジングケアに良い訳

洗顔ウォッシュと化粧水、さらにモイスチャーがセットになっているオルビスユーのトライアルセットの洗顔ウォッシュには、モロッコ溶岩クレイが配合されています。

毛穴の汚れや皮脂による顔の曇りを除去してくれるだけでなく、うるおいを肌へ引き込む保湿成分【ハイドロキャッチ成分】が配合されており、この後に使う化粧水の成分を肌に浸透しやすくしてくれます。

化粧水にもオルビスユーならではの技術が搭載されています!





オルビスユーは独自処方により、水が肌全体に行き渡る、いわゆる水の通り道を作り出す事に成功しました。
これにより、肌全体、真皮にまで水が行き渡る様になり、肌に潤いを巡らせる事が出来ます。

水の通り道が出来る事で、成分が肌に浸透しやすくなります。
これを【キーポリンブースター】とオルビスユーは名づけています。





さらにオルビスユーのローションにも隠された技術が!

オルビスユーのローションはカプセル状になっているのですが、肌に付けた瞬間にカプセルがはじけ、中の美容成分だけが肌の中へ浸透し、ローションは肌の上に残り、肌を保護する膜になります。

さらにローションを顔全体に塗った後、手の平で顔全部を覆い5秒キープする事によって、しっかりと美容成分が肌の中に浸透します。
これをする事によって、乾燥してシワシワになっている角質層に潤いが戻り、ぷるんとした肌になるんですね!




モイスチャーはみずみずしい潤いを肌に与えてくれるだけではなく、うるおいヴェールを肌に纏わせる事によって、しなやかでほのかに光をたたえた様なツヤ肌を演出してくれるんです。

公式サイト

他にもおすすめのスキンケアはあるのですが、長くなるので今回はこの辺にしておきます。
この他のおすすめスキンケアをご覧になりたい場合は下の関連記事からどうぞ★



★関連記事★
30代の化粧品の選び方|30代に人気のおすすめトライアルセット7選も紹介!
30代はスキンケアを見直す時期!若い時とケアを変えるだけで肌の調子は断然良くなる
30代の美肌はスキンケアだけでは作れない!食べ物と基礎化粧品を見直して美肌美人に
30代におすすめの基礎化粧品と美肌スキンケアまとめ|正しいケア方法も紹介★
30代のスキンケアって?若い時と一緒じゃダメ?そのままにしておくと醜い老け顔に!
30代の肌にはヒト型セラミドやヒト幹細胞が配合されたスキンケア化粧品がおすすめ!
30代のスキンケアはどう選ぶ?エイジングが始まる肌におすすめのスキンケア化粧品も
30代におすすめ化粧水ランキング|実際に使用して良かったものだけを厳選して紹介!
30代におすすめ保湿クリームランキング!実際に使用して良かったものをシビアにランキング★
30代になると肌は一気に乾燥する?肌が乾燥するとダメージも!おすすめスキンケアは?

★おすすめスキンケア記事★
くすみ肌の原因は?スペシャルケアでくすみの原因を一斉除去する方法4選!
気になるほうれい線が緩和!使ったのは?おすすめスキンケアと化粧品も紹介★

ほうれい線は筋肉のたるみ!スキンケアだけでは消えないほうれい線に対策方法はある?
人気のシャネル スキンケア【口コミをアイテム別に一挙紹介】

肌荒れを起こす間違ったスキンケアまとめ|正しいケアでエイジングにストップ!
ターンオーバーとは?ターンオーバーを乱すNGスキンケアとおすすめ化粧品まとめ
肌荒れに化粧水はダメ?間違ったケアしてるかも!肌荒れをおさめる正しいスキンケア
スキンケアでのツヤ肌の作り方|肌は保湿とオイルが命?ガサガサ肌と今日から絶縁
保湿の鬼と化した私によるスーパースキンケア|保湿クリーム乱用編
肌をスキンケアで美肌にする方法まとめ|正しいスキンケアでエイジングケアも★
スキンケア化粧品の気をつけたい使い方!正しい使い方でエイジングレスの肌に★
次世代エイジングケア化粧品で効率よくスキンケア!美容液の使い過ぎは要注意!?
OLがやるべきスキンケア方法とメイク直しの方法!エアコンによる乾燥から肌を守る!
高い化粧品は必要無かった!?スキンケアに一番重要なのはとにかく適切な保湿ケア!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です